果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

昨年のリベンジ。富士山、再び御殿場ルート日帰り登山!

DSC02770.jpg

2014.8.24

やって来ました、この時が。
私が登山始めるきっかけとなった山が富士山。

昨年はあえて過酷な状況に追い込む為に、初心者にも関わらず(今もですが)御殿場ルートを選択しましたが…
ヘロヘロ、後輩とケンカ、山頂には着いたが、最高峰の剣ヶ峰には行かなかった、など、今思えば悔いの残る山行でした。
特に剣が峰は、今だったらどんなに疲れていても絶対に登っていました。

山が大好きになってからは、この富士山の山行がずっっっと心残りでした。
その一年のモヤモヤを晴らしてきましたよ!

今回は単独行じゃありません!
職場の20代前半の若い後輩、山には興味はないが富士山には一度登ってみたい、という、身体能力のある男を連れて行きました。


前日の22時に茨城を出発。
道中、ゲスい話で盛り上がっていたら2:00に御殿場口に到着、そこから仮眠を取ろうと思いましたが、なんか二人共寝られなかったので、のんびり準備して…
IMG_2277.jpg

3:00御殿場口出発!
DSC02759.jpg
笑顔の後輩、この先、なかなか過酷でしたが頑張って着いてきました。
元々体力はあるヤツなので、本気で山やりだしたら私なんかあっという間に追い越されるでしょうね。

夜が明けてきました。
DSC02767.jpg
二子山?が綺麗に見られます。いいかんじだ!

2時間位歩いて5時ちょい過ぎにご来光!!
DSC00335.jpg

螺旋丸?はたまた元気玉か!
DSC02773.jpg
沈み込む砂の登りは辛いですが、2回目なら終わる時期も分かります。
永遠ではありません。
不安気な後輩にその事を伝え、頑張って登って行きました。

6:20新6合目
DSC02775.jpg
富士山新6合目 既にバテバテ - Spherical Image - RICOH THETA


3時間以上歩いてまだ6合目な事に不安な後輩。
「大丈夫、大丈夫」と励まします。
ここで朝ご飯食べました。いい天気です。
DSC02778.jpg
しかし雲は多いかな…


7:20 6合目(汗)
DSC02779.jpg
初めての人ならずっこける、がっかりする6合目です。
新6合目から1時間歩いてまた6合目の標識なので。

でも、もう知っている自分は平気、怖くない!


7:53 7合目 日ノ出館(廃小屋)
DSC02785.jpg
ほらね、すぐ着いた。
でも不安気な表情はまだ消えない後輩。
大丈夫、大丈夫♪


8:10 わらじ館
DSC02786.jpg
ほら、あっという間。
5~6合目がひたすら何もない中、足がずぶずぶ沈み込む登りで体力削られて不安になりますが、もうここまで来たら平気…ではないけどイケます!
コーラ飲んで後輩も笑顔になりました。


この後すぐ、砂走館があるのですが…下山者の大群がいて身動き取れず、スルーして先へ行きました。
ツアーでしょうね。
でもみんな御殿場口を登ってきたような人じゃなかった。
下山は御殿場ルートで、ここでの大砂走り目当てでしょうな。


8:50 赤岩八合館
DSC02788.jpg
順調、順調!
いいテンポで進む様に後輩がノって来ています。
しかし、去年の自分もそうでした。
ここでの油断は命取りです。
ここから先、辛いからね、ゆっくりゆっくり行くんだぞ。
膝を上げる時は力を込めず最小限で。

そうアドバイスしました。

宝永山の緩やかな尾根が綺麗です。下山時はあそこに寄ろうと思っていました。
でもこの時はまだ口に出さなかったけど(笑)
DSC02789.jpg

う~~む…ここに来て山頂にガスがかかっちゃいましたね…
こりゃ今年もダメかな…
DSC02790.jpg

ぜえぜえ言いながら登っていると、私の頭のカメラに気付いた方が
俺を撮れ!とアピールしてきます。
mpc-hc64 2014-08-25 18-21-12-97
ブラジルの方でした。
サングラスの彼はナイキのスニーカーです(笑)
「フジサン、タイヘン、ワタシ、シニソウ」
と笑いながら言います。
とても明るい方たちでした。
この人らとは山頂まで抜きつ抜かれつで登って行きました。
こういうのも富士山らしくて面白いですね。
アルプスで出逢う外国の方は寡黙なクライマーって方が多いですけど。

そんなこんなで…

10:20 山頂到着!!よく頑張った!
DSC02795.jpg
くっふ~~、やっぱ景色ダメかぁ。
でもまぁいいよね!お疲れ様。
DSC02796.jpg
あ、あれ?なんかいる?あの後ろ姿はもしや??















ミニーちゃんがいた!(笑)
DSC02797.jpg
な、なぜ?
一般のかた?登山者なのか?
タッパがあるから中の人はおと…ゲフン、ゲフン!
そんな事どうでもいいよね!
ガスった景色に嬉しいサプライズ。
本物のミニーの様にみんなから写真せがまれていました。
中の人ありがとう!いい思い出になりましたよ、感謝!
※耳が折れているのは強風の為です(汗)


その後、後輩と山頂価格800円のありがたいカップヌードルを食べ…
DSC02799.jpg

青空が出ることを期待しましたが、ダメそうなので剣ヶ峰へ向かいました。
DSC02800.jpg
富士山最高峰剣ヶ峰 - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02808.jpg
DSC02811.jpg
ダメかぁ~~
でもまぁ嬉しい!悲願達成です。
また来りゃいいさ。


下山し始めてしばらくすると…
DSC02812.jpg

お山あるあるですが…
DSC02814.jpg

どんどん良い天気に(涙
DSC02815.jpg

12:38 再び赤岩八号館
DSC02817.jpg
山頂のガスも取れています。
くやしいですっ!
DSC02818.jpg

よし行くぞ、宝永山!
DSC02819.jpg
ぜんぜん楽勝です、少しも辛くない。
御殿場ルートなら行かなければ損ですな!
宝永山からの富士山 - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02824.jpg
雰囲気違う…富士山が火山であることを再認識させてくれますね。
DSC02825.jpg
えぐれているのが荒々しい。

さぁ、御殿場ルート最大のアトラクション。
大砂走り!!

やっぱ面白い!
後輩も足が限界と言いつつ私よりも早い足取りで降りていきます。
若いって良いですね!
それだけで武器になる事を若い時の自分は知りませんでした。
この後輩はそんな無駄遣いをせず全力で生きています!
君に幸あれ。

15:00 大石茶屋
DSC02828.jpg
早い!
7時間以上掛けた登りを3時間で降りてきました。
単独行なら今の自分だったらもっと早く降りれていたな…
DSC02829.jpg
去年もここでこの松茸風味のお吸い物をもらいましたね、懐かしかったです。
RICOH THETA for Windows(R) Mac 2014-08-25 09-27-57-26
炭酸飲料でカンパ~~~イ!!

15:30 御殿場口到着…あれ?
DSC02830.jpg
行きではいなかったおじさん二人組が鳥居正面にいます。
「こ、これが例の入山料のやつか!!」
任意とはいえ、気弱な自分は渋々払いました。


その後、御殿場にあるデカ盛り有名店の「魚啓」さんでメシ。美味しかったです。
IMG_2282.jpg

しかし、ここからが大変だった…
御殿場市内が事故渋滞で温泉まで1時間!

東名も渋滞していたのが分かっていたので、夜の11時まで足柄インターで休んでいたにも関わらず、渋滞!


疲れた足にマニュアル車のクラッチ操作は辛かった!!
富士山よりも辛かったかも(汗)
後輩はぐっっっすり隣で寝ています。

でもまぁ無事に夜中の2時に茨城到着。

リベンジも果たせましたし楽しかったです。
富士山は他の山とは感覚が違いますが、これはこれで私は好きです。
登るものじゃない、見るものだ。
この意見は自分には当てはまらないことが分かりました。

御殿場ルートはゆっくり行けばもう苦じゃありませんね。
今度は1合目から登ってみたいと思います!
スポンサーサイト

ホーム

超個人的意見。ホットトイズで是が非でも出して欲しいフィギュア!

独り言です。

トップガンのマーベリック(トム・クルーズ)

デッド・ゾーンのジョニー(クリストファー・ウォーケン)

エイリアン2のヒッグズ(マイケル・ビーン)

ケビン・ベーコンのフィギュア(フットルースとトレマーズ希望)

ファイト・クラブのタイラー(ブラッド・ピット)


第1位は…

ストリート・オブ・ファイヤー!!
トム・コーディー(マイケル・パレ)
エレン・エイム(ダイアン・レイン)



私的、カッコイイ男と女の1位であります。
マイケル・パレのかっこよさ、ダイアン・レインの美しさ…パーフェクト!!

まともなDVDと未だに国内盤Blu-rayも出ていない中、とても出るとは思いませんけど、本当に本当に欲しいのであります。
当時の二人の周りを切り抜いたかのようなクオリティで出たらションベン漏らして喜ぶでしょうね。

ホーム

夏のひととき

DSC02721.jpg
DSC02720.jpg
DSC02722.jpg
DSC02725.jpg
DSC02726.jpg
DSC02728.jpg
DSC02727.jpg
DSC02732.jpg
DSC02737.jpg
DSC02741.jpg
DSC02743.jpg
DSC02745.jpg
DSC02746.jpg
DSC02748.jpg

暑かった~

ホーム

久々のアルプス!初の鳳凰三山!日帰り縦走 その2

DSC02676.jpg

2014.8.4
その1はコチラ

オベリスクに見とれて木に頭を思いっきりぶつけてたんこぶを作りました。
帽子かぶっていなければブッチャー並みに流血していた事でしょう。
山では本当に帽子は必須ですね。
モアイ像みたいに顔がでかい自分は帽子が大嫌い!しかし山では必ずかぶっています。
今回の様に頭を打ち付けた事は1度や2度じゃないので…

にしてもカッコイイです。かなり大きく見えますがなかなか近付きません。
でもニヤニヤが止まりません。

ガンダムが好きな自分には巨大モビルアーマーの様に。
色も形もα・アジール(発進する前の状態)にも見えます。

バチ当たりな事を言えば男性シンボル…
それも包茎チ○コっぽくも見えますね。
悩める男性たちに「気にすんな!」と勇気を与えてくれているかの様なオベ先輩。
ま、私は違うけどね!
ムケてます!
嘘じゃないです!
ただ、小さいけど…

10:14 アカヌケ沢の頭
mpc-hc64 2014-08-07 09-11-49-26
おお、近いぞ!

そんなこんなで(^^)


10:20 地蔵岳!
DSC02677.jpg
こんにちはオベリスクさん!

DSC02678.jpg
上品そうなマダム三人衆に撮っていただきました。

DSC02680.jpg
槍ヶ岳の時と少しポーズを変えて、トンガリとツボミの様な膨らみを真似してポーズ…
ちょっとイマイチ。

DSC01439.jpg
昨年の槍ヶ岳…
あ、あれ?あんまり変わっていないか(汗)
鳳凰三山、地蔵岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02683.jpg
DSC02682.jpg
DSC02684.jpg
だだっ広い砂の広場に沢山のお地蔵さん、そしてそれ自体が大ボス的な地蔵に見える巨大なオベリスク。
なんとも不思議な空間です。
ずっと見ていても飽きません。ここまで長かったからね~
無理をした八ヶ岳の時と違って、ピストンは出来そうと思ったけれど、ゆっくりするならやはり宿泊でしたね。
今度は泊まりでゆっくりこの景色を眺めていたいです。

さぁ!今からオベリスク登ってみます。
THETAで面白い写真とる為に。
てっぺんは来る前はもしかしたら出来るかも?なんて思っていましたが、目の当たりにすると自分には無理だとわかりました。
出来たとしても下りる事が出来ない感じがビンビンします。
薬師岳のご主人にもやめたほうが良いと言われましたので。
今でも年に数人落ちているそうです。
登り切った人の総数からすれば少ないでしょうが、その一人にはなりたくないですからね。


では行きます!

mpc-hc64 2014-08-07 09-23-35-10
ハァ、ハァ、こんな所にもお地蔵さんが。

mpc-hc64 2014-08-07 09-23-56-29
落ちませんように、落ちませんように!

mpc-hc64 2014-08-07 09-24-05-06
ぜぇ、ぜぇ

mpc-hc64 2014-08-07 09-24-20-75
近づいた~、下見ると…いかんいかん!

mpc-hc64 2014-08-07 09-25-14-65
こえ~~、でも引っ掛かりがあるだけマシなんだとこの先で思い知らされます。

mpc-hc64 2014-08-07 09-25-48-05
慎重に慎重に…

mpc-hc64 2014-08-07 09-26-10-38
こんな所にもお花が…

mpc-hc64 2014-08-07 09-27-11-17
あとちょっとに見えますよね?
でも、画像に写っている岩の一つ一つの塊は凄く大きいんです。

mpc-hc64 2014-08-07 09-27-39-14
ロープが見えます。


mpc-hc64 2014-08-07 09-28-11-57
ここに足乗っける…滑ったら終わりだ…
風が強い!小雨も降ってきた。

mpc-hc64 2014-08-07 09-28-33-13
ああああ高~~~い!
風!こえ~~、嫁と子供の顔が浮かぶ。

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-04-74
むぅ…あと少しなんだけど。

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-41-33
裏に回ってみよう

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-29-50
mpc-hc64 2014-08-07 09-30-22-98
もっとツルツルでした。
ここまでだな!
よし、やめます。
ここでTHETA撮影は危ないので少し降りて…
地蔵岳、オベリスク直下。 凄い迫力!これ以上は怖くて行けなかった。 - Spherical Image - RICOH THETA



このまま降りるのは勿体無い。
せっかくなのでオベリスク周りを伝ってみます。
mpc-hc64 2014-08-07 09-31-31-17
mpc-hc64 2014-08-07 09-31-50-16
こんな場所に色んな物がありました。
DSC02690.jpg
オベリスクの向こう側にも奇妙な大岩があります。
本当に不思議。

オベリスクから降ります。
砂地に入ってから下むいて調子に乗って走って降りたら違う登山道側にまあまあ降りてしまいました。
登り返しが大変。
お地蔵さん前広場に戻ってデポしておいたザックを回収、このまま道を戻ろうかと思いましたが、地図を見ると鳳凰小屋を経由しても帰れる事が分かったので行ってみることにしました。
mpc-hc64 2014-08-07 11-37-20-32
まるで富士山御殿場ルートの大砂走りみたいな足が埋まる砂地です。
鳳凰小屋から地蔵岳に来る人は大変でしょうね~
自分は嫌だな(汗)
しかし…えらい下ります。こんなに下るか?ってくらい標高下げます。
観音岳の登り返し…相当しんどいかも??(大汗)
よくよく考えればわかったのに…

11:48 鳳凰小屋
mpc-hc64 2014-08-07 11-34-40-46
DSC02694.jpg
DSC02693.jpg
ここで初めて大休憩。
地蔵岳の方が滞在時間長かったけど、オベリスクと格闘していたから実質ほとんどゆっくりしていなかった。
ベイシアとかで売っていそうな謎のメーカーのコーラを買い、おにぎりと一緒に食します!
鳳凰小屋は元気な若い女性スタッフの方がいました。
山野草と同じくらい見て癒やされますね(笑)

ペットボトルに南アルプスの天然水を汲み観音岳へと向かいます。
mpc-hc64 2014-08-07 11-56-30-10

DSC02695.jpg
!!!!!
荒れた急斜面です。
膝を、モモを、おもいっきり上げないと登れないような道がずっと続きます。
日帰りには泣きたくなるほどキツい道でした。

地蔵岳からそのまま戻った方がうんと早かったでしょうね。
次回は鳳凰小屋には寄らずに戻るようにしようっと。

しかし、なんとか到着!
ここからさき、帰り道でしたがこの歩きが非常に楽しかったのです。
むしろ行きよりも稜線歩きを堪能できたかもしれません。
DSC02697.jpg
DSC02698.jpg
DSC02699.jpg
DSC02701.jpg
DSC02703.jpgDSC02704.jpg
DSC02705.jpg
DSC02707.jpg
DSC02708.jpg

ただ、砂払岳終わってから夜叉神峠まではつまんなかったですけどね(笑)
DSC02712.jpg
でも、十分楽しかった。あと少し!

17:14 夜叉神峠登山口
mpc-hc64 2014-08-07 12-27-03-75
DSC02714.jpg
DSC02715.jpg

17時過ぎちゃったけど、前回の八ヶ岳よりはまだ体力残ってました。
鳳凰小屋寄らなければもっと早く…1時間は早く戻れたと思います。
閉まる寸前だったレストランでソフトクリーム。これが大変疲れた体に美味しかった!!

ここの温泉も凄く広くて気持ち良かったです。
DSC02717.jpg
DSC02716.jpg

久しぶりのアルプス縦走、天気はいまいちだったけど、内容的には満足しました。
で、花崗岩と白砂を歩いて燕岳にどうしてもまた行きたくなりました。
もしかしたら来月、後輩と行けることになりそうです。
ただし、縦走はなく、一泊で燕岳のみになりそうだけど。
ちょっと贅沢というかもったいない感じだけど、たまにはゆっくりした登山もいいよね、きっと。
楽しみだなぁ~~

鳳凰三山にもまた絶対に来ますよ!来年の紅葉シーズンとか。

ホーム

久々のアルプス!初の鳳凰三山!日帰り縦走 その1

2014.8.4
やっと・・・・長かった・・・・
先月の筑波山を除けばガツンッ!と山に登ったのは6月の磐梯山以来です。

天候と仕事のせいで全然行けなかった登山。今回はやっと行けました。
だが、天気はイマイチだった。出発二日前まではオール晴れマークだったのに。
それでも久しぶりの日本アルプスに大満足でした。
そして、今回もまた登山道を間違えました(汗)


夜10時まで寝て、そこから風呂入って準備。
天気予報サイトの情報が昨日と変わっています。
「またか・・・法則発動か」
と、クサりそうになりましたが、雨はなんとか降らない感じなので安心。
(実際は午後から小雨降り出しましたけど)
景色はもしかしたらダメかも、、、でも山だし!と、淡い期待を抱いて日が変わる0時少し前に茨城を出発しました。

深夜なので渋滞もなく首都高を越えスイスイと山梨へ。
そこから夜叉神峠へと向かいます。
アルプスとか百名山の山の車道って「酷道」なんて呼ばれている所が多いですよね。
そういうのが余計に緊張感を持たせるのですが、夜叉神峠は程よい?怖さ。
一部、車一台がやっとの道もありましたが、それほどすれ違いにビビる様な道もなく到着。
DSC02629.jpg
「単独登山はやめてください」の注意文。
DSC02630.jpg
心がチクりとしますが友達の少ない自分、ましてや山に一緒に行く知り合いなど皆無なので無理です。

DSC02632.jpg
登山ポストに計画書を入れます。自分は家から用意してきましたが、ここでも書けるように用紙がありました。


4:00登山口出発
DSC02631.jpg
DSC02633.jpg
毎回ナイトハイクはビビりながらやるのですが、今回は既に駐車場にまあまあの人たちがいて心細さはありませんでした。
さすが夏のアルプスですね。

夜叉神峠までは道幅も広く周りの木枝も邪魔になるような事もありません。非常に快適に歩けちゃいます。
丹沢の大倉尾根よりもナイトハイクでは歩きやすい方かも。
まぁ、あくまで夜叉神峠までですけどね!
DSC02635.jpg
書体がこえーよ・・・


4:43 夜叉神峠
DSC02638.jpg
本来ならば、ここから北岳・間ノ岳・農鳥岳の白峰三山が綺麗に見られるそうなんですが・・・
この有り様です。凄く見たかったので残念です。
DSC02637.jpg
小屋には既に明かりがついていました。人は見えなかったけど気配はありましたね。
南アルプス鳳凰三山、夜叉神峠 - Spherical Image - RICOH THETA


諦めきれないので、とりあえずおにぎり食って待つことに。
DSC02639.jpg
ロックアイスの袋はジップ式になっているので山ではゴミ袋に重宝するので捨てずに取ってあります。


手前の山、なんていうか分からないんですけど、日の出で焼けてきました。綺麗です。
DSC02641.jpg
白峰三山の雲は晴れそうにない・・・
DSC02643.jpg
ピストン予定なのでこれ以上時間かけることも出来ず、先に行く事にしました。
自分が夜叉神峠に着いた少し後に来た登山者の方に撮ってもらいました。
地蔵岳までは行けるでしょうけど日帰りは大変ですよ、と言われました。
またまた緊張してきましたが、無理そうだったら小屋に泊まれるようにお金は用意してきました。


5:57 杖立峠
DSC02646.jpg

7:02 苺平
DSC02648.jpg

デジャヴの様な画像ですが、それぞれ違う場所です。この間にも火事場跡という所があって、同じような景色です。
ここまでの道、結構な急登で変化のない森歩きなので特に書くことがありません。
長い、、、ただ、ひたすら長いです。


7:24 南御室小屋
DSC02650.jpg
というわけで、ここで泊まる人が多いのも頷けます。早朝にもかかわらず結構賑わっているところを見ると、皆宿泊客だったのでしょう。
DSC02651.jpg
二人組の山ガールさんに写真を頼まれ、私も撮ってもらいました。
頭のカメラについて聞かれます。孤独な山行中に女性との一瞬の会話は変な意味じゃなく癒されます(笑)
こんな悪人顔のオッサンに話しかけてくれてありがとう。

さぁ、小屋を出発してしばらく歩くと退屈な樹林帯を抜けようやく・・・


mpc-hc64 2014-08-06 11-59-12-96
mpc-hc64 2014-08-06 12-00-13-53
白砂と花崗岩の景色が広がります!
そしてすぐに目につくお花たち!
DSC02655.jpg
か、かわいい。花にあんまり興味のない自分も足が止まります。
咲き方が可愛いんですよね。白砂の、大岩のそばにくしゅくしゅっと咲いている様が可憐です。
名前はこれからゆっくりと覚えていこうと思います。
DSC02654.jpg
多分、あれが薬師岳でしょうか?


8:18 砂払岳
DSC02657.jpg
DSC02656.jpg
鳳凰三山で見られた富士山はこれがマックスでした。
もういいです。花とこの白砂歩きをとことん楽しもうと思います。
DSC02658.jpg
DSC02659.jpg
DSC02660.jpg
これも薬師岳?突端がまるで地蔵岳のオベリスクのようで最初勘違いしていました。


8:33 薬師岳小屋
DSC02662.jpg
素敵な看板ですね。

着いて間もなく小屋番の方に
「もう熊鈴外しても大丈夫だよ」
「鈴がなっているとライチョウのヒナが逃げちゃうから」
DSC02663.jpg
なるほどね(笑)
曇だからライチョウ期待できるかも、と言われましたが実際は会えなかった。残念。
ライチョウちゃんを見ることができるのはいつかなぁ・・・
小屋でバッジ2個買いました。

小屋を出発してすぐ
DSC02664.jpg
今度は白い花がお出迎え。これもとても綺麗です。
ほんとうに綺麗です。岩と白砂のせいか、花が際立って見えます。

この感じ・・・
DSC02665.jpg
燕岳を思い出させます~~!
DSC02666.jpg
鳳凰三山版のイルカ岩とでもいいましょうか。

8:45 やっと最初のピーク、薬師岳!
DSC02667.jpg
南アルプス鳳凰三山の一つ目、薬師岳 - Spherical Image - RICOH THETA


景色は残念!!
しかし長かった。こんなんで日帰りなんて出来るの??


、、、、と、思っていたら

9:07 観音岳
DSC02669.jpg
DSC02671.jpg
三山で一番高いんだっけ?にしては地味な感じ。
まぁ、ピークよりも白砂稜線歩きのほうがメインですからね。

すぐに出発しました。
出発してすぐ
DSC02672.jpg
地蔵岳のオベリスクが見えました。
今回一番見たかったやつ!
ガスっている。ダメだ。さすがにこれは我慢できない!どうか晴れてくださーーい!!
と願ったら
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02674.jpg
DSC02673.jpg
ありがとうございます!感動ッス!超かっこいいです、ジゾオベ先輩!
本当に素晴らしいです。
ここは日本でしょうか?ってのが山歩きの醍醐味ですが、まさにそんな感じで脳汁出まくりました。

長くなったので地蔵岳についてはその2で書きます。

ホーム

娘と秋葉原、久々のガンダムカフェ。途中から東京ドームシティ遊園地へ

2014.7.22

既に夏休み中の娘と秋葉原へ行ってきました。
壊してしまったPCパーツ、今じゃ別に秋葉原へ行かなくとも通販で気軽に買えますが、ついでだし観光がてら楽しんできました。

去年も娘と二人っきりで秋葉原へ行きました。メイドカフェ目当てで(笑)

娘は去年も秋葉原で食べた立ち食い寿司が一番の目的だった様です。

駅前に着きました。
前も言いましたが今の秋葉原は昔と比べると駅前はほんとうに綺麗に。
DSC02566.jpg

お昼前に着いたので、まずは飯をと去年も行った駅前ビルのアトレ1階にある立ち食い寿司の「魚がし日本一」さんへ。
DSC02565.jpg
写真は撮れる雰囲気じゃなかったので、待っている時にパチリ。
IMG_2242.jpg
子供用に踏み台もあります。

いつも食べている回転寿司とは全然違う美味しさ、小さい子にも分かるようで。
思えば去年ここでアジを食べてから、うちの子は子供なのに積極的に光ものを食べるようになったのであります。

私も昼間っから生を片手に美味しいお寿司をパクついて幸せな気分に。

私ばかりビール飲んでずるいという事で、お寿司のあとは隣にあるマザー牧場のハロハロ的なアイスを。
DSC02563.jpg
DSC02564.jpg

その後、秋葉原をぶらぶら、PCパーツショップで買い物したり、ゲーセンとかで遊んでからまた駅前に。
いよいよ自分にとってのメイン、ガンダムカフェへ!
2010年以来、4年振りかぁ。あの時は出来たばかりで行列が出来ていたんですよね。
DSC02569.jpg
メニューから・・・
DSC02576.jpg
DSC02577.jpg
いっぱいあるね~~
DSCF0153.jpg
初めて来た時は黒っぽいアッガイカレーを食べたんだっけ。
今回は赤い彗星カレーかな・・・いや、せっかくだからケチケチしないで手の掛かっていそうなジャブロー侵攻カレーにしよう!
娘はメテオなんとかというガンダムWにちなんだ飲み物(こいつは青い色した飲み物がホント好き)
私は限定販売という百式ビールをオーダー!
DSC02572.jpg
雰囲気出ている!でも少ないなぁ(笑)てか、どんだけ飲むんだ?自分って感じですけど。
寿司屋でも2杯のんだし(^^)暑かったからね。
このグラス、後で貰えます。イタリア製と書いてありました(!)グラスがイタリア製で、百式の画を書いたのが日本、って事みたいです。

ガンダムカフェへ来たら絶対にトイレに行かねばなりません!
あの水を流した時のギミックを見ないとね(笑)
DSC02574.jpg
久しぶりでした。このシャア専用ザクというよりかはアッシマーカラーの便器も、少しくたびれてきた感がありますね。
数えきれない人がここを利用してきたのでしょう。
DSC02575.jpg
DSC02578.jpg
カレーを待っている間、店内を見渡します。
連邦軍の服を着た店員さんが熱心にお札数えているのが笑える(^^)
DSC02579.jpg
ご苦労さまです。

しかし、カレーがなかなか来ないです。
あとから来た客のはすぐ出てくるのに・・・
と、思っていたら来ました!
DSC02581.jpg
DSC02582.jpg
ジャブロー侵攻シーフードカレー!
すげえ、あのシーンだ。かなり無理矢理感あるけど(笑)
アッガイはリアルだけど赤いシャア専用ズゴックもまだ許せるとして、白いのはゾック???強引すぎる!!
あの複雑なモノアイを再現しろとは言わないけど、せめて少し緑色がかった色のご飯だったら良かったのに。

すでに若干ぬるくなっていたカレーに遅くなった理由が分かりました(汗)
細かく決められた配置、パーツ数が厳しく決められているからでしょう。
ガンヲタはうるさくいうから。↑既にゾックにいちゃもん付けていますからね(笑)

娘が赤いズゴックの部分を食べました。
「!から~~~い!!!」
ケチャップご飯かと思われたシャア専用ズゴックの部分は実は赤いキムチご飯でした。
やるなぁ、ロンド・ベル!
完全な観光地価格でめちゃくちゃ美味しい!って事でもないんですけど、やっぱり楽しいですね。
オッサンも子供も楽しめるのは素晴らしいことです。
店内見れば私のようなくたびれたオッサンと娘、という組み合わせが他にもいますね(失礼!)
そういえば、着座した瞬間に3DSのすれちがいランプが点灯して、隣を見たら外国のオタ風大男。3DSで確認したらメキシコの方でした!!
すごい!ガンダムすごい!そして遠くから来たアナタ!ようこそ日本!

食べ終わって会計する前にまた少し店内を娘と見ます。今度やる新しいガンダム・・・
面白いの?なんかかっこ悪いなぁ。
DSC02584.jpg

しかし、そう思うのはまだ早い!
マニアに「こんなのガンダムじゃない!」とうるさく文句言われたその後名作となったGガンダムやターンAガンダムの例もあります。
最近だとガンダムビルドファイターズもそうですね。
見始めるまでは文句は禁物であります!
震えて待ちましょう。
DSC02583.jpg
DSC02585.jpg
来たお客さんが自由に書き込むノートがありました。
みんな上手いっ!ガンダム愛を感じますね。
ヒデーのもあったけどそれはそれでウケる(^^)

レジ横にハロ(初代バージョン)
DSC02587.jpg
会計を済ませて外に出ました。
店前でもパチリ。
DSC02589.jpg
DSC02590.jpg
2010年に来た時と比較すると・・・
DSCF0159.jpg
看板の大きさと比べると我が娘も大きくなりましたね。

次はもう一緒に来てくれないかも(汗)

このあとは水道橋に行き、東京ドームシティの遊園地で夜遅くまで遊びました。
DSC02597.jpg
DSC02602.jpg
DSC02604.jpg
DSC02595.jpg
DSC02599.jpg
DSC02610.jpg
ジャンプショップも店外から少しだけ(笑)
DSC02608.jpg
DSC02607.jpg
DSC02609.jpg


散々遊んで晩御飯は子供も入れる水道橋の居酒屋にしようかなと思いましたが、飯後にすぐ高速バス乗れるようにと東京駅のラーメンストリートへ。

出来てから半年に一回くらいのペースで来てますが、入れ替わりが結構ある事に厳しさを感じますね。
六厘舎と斑鳩はずっとあるけど。それとも期間契約なんですかね?

新しく出来た「麺処 ほん田」さんへ。

最初、店員さんに生ビールありますか?と聞いたら「あります」の返答。
それで店に入ったのに実際出てきたのは瓶ビールのエビスでした。ちょっと残念。

娘が頼んだ醤油ラーメンNEOクラシック
DSC02619.jpg
ぱっと見、熱そうに見えないけどすごいアツアツでした。

自分は特製 豊潤豚骨魚介つけ麺
DSC02621.jpg
赤いチャーシューは最近流行りの低温調理によるものでしょうか。
くにゅっと歯ごたえがいいです。麺もおいしい。スープは無くなってきたらなんと1回おかわりが出来ます!
ちゃんと具入りで!!
お腹いっぱいになってスープ割り頼めなかったほど(汗)

生ビールは無かったけどラーメンは美味しかったです。
こういうところのは大抵価格の割にはボリューム少ないのが多いのですが、味も量も満足でした!

ヘロヘロになってバスへ。
既に夜の10時、そこから茨城に着いたのが11時。
娘と二人遊び、とっても面白かったです。
でも本当は家族みんなで山行きたいんだけどね・・・
「絶対嫌!!」って嫁と娘の声がハモるほどに拒否されます(涙)

ホーム

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。