果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

史上最高に自分がダメだった北アルプス裏銀座の登山

DSC01518[1]

2015.9.10~9.13

あの、記録的な大雨と台風の後に行ってきました。
台風一過、超快晴!なんてこともなく、結局3泊4日の内、まともに晴れたのは1日だけ。
あとは、何かしら雨が降ったりガスったり…



今回の山行をするにあたり、様々な出来事、障害がありました。
中でも天候。
どんなに以前から計画していようが天気ばかりは運。
ダメな時は潔く諦める。

最初はそう思っていたのですが、いざ計画していた有給休暇が始まって1日、2日3日と悪天候で休みが潰れていく度に、とんでもなくイライラしてきました。
許せないのは最初は山がダメなら一人旅、どこか車中泊の旅で観光を…
なんて事すら全国的に雨で不可能っぽくなってきた事です。

映画を見に行きましたがとてもとても…

そんな中、台風一過で9/10の岐阜長野方面だけが曇りの予想。
その後の晴れマークを信じて七倉ダム方面へ向かいました。

長野方面は私の茨城からだと、東京をまたがず栃木経由で行くか、普通に首都高から行く方法があります。
田舎者の私は首都高速が苦手なので栃木へ向かいましたが…
壬生の手前で高速道路が通行止め、下に降りると携帯のアプリや車のナビから見た事も聴いた事もないような警告音とメッセージが出てきました。

栃木は記録的な大雨で壬生の一般道は道路が冠水していました。
あわててUターンをし、もう一度高速道路に乗り茨城へ戻ります。

そこで止めればいいもの、今度は東京方面へ向かったのでした。
土浦あたりでこれまた激しい雨、今更戻れるか!と東京へ。
そして七倉の裏銀座登山玄関口に着いたのは朝の6時です。

もう仮眠も出来ません。

ここから先の事はヤマレコの方に詳しく書きましたのでそちらを。
お暇な方だけ…

ヤマレコ:今回の山行記録

ひどい内容だったと思います。
恥ずかしいですし、一歩間違えれば大変な事になる所でした。

いつものような詳細記録は今回書くかどうか微妙。
とりあえず写真だけズババっとあげます。
これもまたお暇な方だけ…


9/10

七倉山荘
DSC01503_20150926174223edb.jpg
DSC01507_201509261742254c2.jpg
DSC01511[1]

ここから落ちました…
DSC01512[1]


烏帽子小屋
DSC01515.jpg

赤牛岳
DSC01514[1]


ニセ烏帽子岳山頂
DSC01516[1]

ニセ烏帽子から烏帽子岳を眺める。
DSC01521[1]

烏帽子岳山頂
DSC01520[1]
なんにも見えない…
2015.9.10 烏帽子岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA



テントを張る。この日は私だけでした。
まだ時間早かったけれどこの時点でもう縦走諦めムード…
DSC01522.jpg

9/11

夜中にオシッコしにテントの入口開けたら!!!
DSC01539.jpg
オリオン座ッ

でも天気はダメだった…
DSC01547_20150926193122e1e.jpg
DSC01554_20150926193125f9b.jpg
DSC01544.jpg

野口五郎小屋
DSC01549_20150926193123d43.jpg

野口五郎岳山頂
DSC01551_2015092619312435d.jpg

五郎池
DSC01558.jpg

硫黄尾根
DSC01559.jpg
DSC01561.jpg

表銀座は何とか見えます。昨年はあそこからこちらを見ていたんだなぁ。
表銀座側からだと裏銀座って遠く見えたのですが、裏銀座側だと表は近く見えます。
DSC01563.jpg
DSC01564.jpg

水晶小屋
DSC01566.jpg
天気が悪いので水晶岳には行かず、目的地の雲の平を目指します。
DSC01568.jpg
DSC01570.jpg
DSC01571.jpg
DSC01573.jpg

祖父岳(じいだけ)
DSC01574.jpg
DSC01575.jpg

うぉっ!?
DSC01576.jpg
あれが雲ノ平かぁ~~~~
DSC01577.jpg
でも見えてからが遠いのよ(汗)

雲ノ平(くものたいら)
DSC01578.jpg
DSC01579.jpg
DSC01580.jpg
山荘で受付を済ませ(遠いっ)
DSC01584.jpg
テントを張り終える頃、丁度日の入りに…
DSC01585.jpg

あれだけガスっていたのに綺麗に晴れました。
嬉しいです。ここまで色々あったけれど救われた瞬間でした。

右のテントの方はソロの女性の方でした。
雲ノ平に向かう時もソロのテン泊装備女性の方を何名か見かけました。
こんな北アルプス奥まで、しかも重いテント背負ってくるなんてパワフルです。
DSC01589.jpg
DSC01591.jpg
DSC01590.jpg
DSC01603.jpg
DSC01606.jpg
DSC01614.jpg
DSC01609.jpg


9/12 (唯一の晴れ)

黒部五郎岳
DSC01619.jpg
DSC01621.jpg
DSC01625.jpg

晴れた雲ノ平と背後に薬師岳
DSC01626.jpg

やっと見えた槍ヶ岳と穂高連峰
DSC01630.jpg

笠ヶ岳ってこちらから見ると格好良い
DSC01624.jpg
DSC01640.jpg

黒部川源流
DSC01642.jpg

黒部川水源地標
DSC01644.jpg

三俣山荘
DSC01646.jpg

三俣蓮華岳はまた今度…今思えば登っておけばよかったかな。
DSC01649.jpg

これから向かう鷲羽岳
DSC01651.jpg

途中で見える鷲羽池
DSC01652.jpg
降りられるので最初はあそこへ行こうと思っていました(笑)
DSC01654.jpg

鷲羽岳 今日は最高だ…(翌日は大荒れになるんだけど)
DSC01656.jpg

富士山!
DSC01658_20150926212306498.jpg

黒部五郎の上の雲を見て、この天気が長持ちしない事は分かっていましたが、今はこの景色を堪能するのであります。
DSC01659_20150926212308964.jpg

乗鞍岳と御嶽山、家族で乗鞍岳…なんとか達成したいけどな。
DSC01660.jpg

水晶岳を見つめるおじさん…良い写真。
この方とは雲ノ平からご一緒していました。山荘に泊まっていた方です。
DSC01663.jpg

薬師岳!今回一番でかく目立っていました。本当、かっこいい。次はあそこへ…
DSC01668.jpg

こちらから見た雲ノ平。
こんな山奥と高度の場所に、あんな平たい所がある事の奇跡、凄いな。
DSC01675_20150926213506f94.jpg

当初はオールテント泊に拘っていましたが、そうすると行程的にキツくなるので最終日は水晶小屋に宿泊。
結果としてこれが良かった、本当に。詳しい事はヤマレコに書きました。
DSC01676.jpg

野口五郎岳…めちゃくちゃ白くて綺麗。
悔しい!あんな道歩いたらほんとうに最高だったろうな。
次こそは最高の天気で。
DSC01680.jpg
翌日、またあそこを通るのですが、あんなに大変な目に遭うとはね。

今日は表銀座が完璧に!
DSC01679.jpg
空身で水晶岳ピストン!
DSC01681.jpg
DSC01682.jpg

水晶岳山頂
誰もおらず貸し切りでした。
DSC01686.jpg



9/13 試練の最終日

とんでもない風 ほとんど写真は撮りません(撮れません)でした。
もう雨が降るのは確実なので最初からレインウェアを着込みます。
DSC04744.jpg
水晶小屋のお姉さんが鐘を鳴らして送ってくれました。

ザックと自重で100kgはある自分の体が何度も浮く!
これにはすっかりビビってしまって腰が引ける。
DSC04745.jpg
遅々として進まず…

やっとの思いで野口五郎小屋、本当は帰りはここを通る予定ではありませんでした。
DSC04746.jpg

烏帽子小屋についたらもう安心。
あとはブナ立尾根を降りるので風の影響は受けません。
IMG_4162.jpg
途中、休憩中おにぎり食べていたら色々思い出して涙ぐんじゃいました。

おわり。
IMG_4168.jpg


反省山程、山は悪く無い。
悪いのは自分の行動。
初の裏銀座、せっかくの雲ノ平、楽しかったですがもう一度やり直します。
来年に!
スポンサーサイト

ホーム

まさか自分の長期休暇全て雨予報なんて

本日9/7から9/14まで長期有給休暇を取って北アルプス縦走予定でしたが、ほぼ雨予報になってしまいました。
これだけあれば雨はあっても半分程度かな、なんて思っていたけれど、神様もずいぶん酷い事するじゃない!あんまりです。

日記を書いている今も外で大雨が降っています。
本当ならば、今頃どこぞの登山口に向かっているか、既に到着、車中泊している予定でしたが。
パッキングの済んだ大型ザックが悲しく部屋に鎮座しています。

最低なのは、じゃあ北アルプスやめて他の山域へ、と言う事で探しても全部雨という事です。
今のところ北海道くらいしかありません。
一人で北海道はさすがに金掛かり過ぎる。
それでなくとも先週の雨で変更になった松本旅行。宿泊代、高速料金、ガソリン代、その他飲食費やおみやげ代で6万円は使ったかな。
それと、今回のこの縦走の為に新たに購入したシュラフとマット

これで10万円です。
で、縦走費用として更に10万円程度、定期崩して用意。
そこまでしたのに…

とはいえ、もう嘆いても仕方ありません。
休みは休みなので何かします。

登山を除くと久しぶりの一人旅かぁ。
何処に行こうか、何をしようか…

ホーム

夏休み最後は家族で乗鞍岳!の、はずでしたが大雨で松本城見ただけに…

DSC01387.jpg

2015.8.30~8.31
今年こそは家族で燕岳!
やはり無理でした(汗)

太った嫁にもそこそこ優しく、娘にも負担なく登れるお山として、乗鞍岳への登山を計画していました。
しかし、天気ばかりは運次第です。

この日の為に、私は11日連続勤務をして代休と公休を絡める組み合わせを作って、キャンプは嫌!という嫁、本当は乗り気じゃない娘の気を引かせるのに温泉旅館、もちろん料理も良い所を選びました。

運次第とは云え、心の何処かでは雨降ったら許さないぞ!
なんて思っていましたよ(汗)

娘にてるてる坊主を作ってもらいましたが…当日は無念の雨、それも土砂降り。
翌日も朝に一瞬だけ宿から乗鞍岳山頂が見えましたが本当に一瞬、それっきり。すぐに雨で何も見えなくなりました。

急遽、計画変更、宿はもう取っているので行くしかない。
そこで松本城に行く事に。
DSC01380.jpg
写真じゃ分かりませんけど雨まあまあ降っています。
DSC01385.jpg
内部も見ごたえあり!
DSC01401.jpg
嫁も子供も意外と食付きいい!
DSC01399.jpg
私自身も興奮。
DSC01412_20150902143009574.jpg
忍者屋敷みたい。
DSC01413.jpg
DSC01414.jpg
いやぁ、楽しかった!

外に出たら雨足強まっている!
DSC01418_201509021433530c8.jpg
緊張してパチリ。
DSC01419_20150902143355819.jpg
嫁は落胆している私の顔見て慰めてくれていますが、内心ラキ~♪って思っているに違いありません!
でも、こんな雨の中楽しそうで、長距離運転してきて疲れている私も救われます。いい子たちだ…

次に、松本城の隣にある松本市立博物館へ入りました。
DSC01423_201509021439059ac.jpg
DSC01428_2015090214390274e.jpg
DSC01421_201509021439021c7.jpg
DSC01422_201509021439038e2.jpg
DSC01427_20150902143900a2e.jpg
あっ!
あれは…
DSC01424_201509021440139fe.jpg
おチムチムだ!はしゃぐワタクシ。
DSC01425_20150902144015a22.jpg
嫁に「ほら、ほら!これ!入る?」
なんてアホな質問したら
「入るわけねーだろ!!」
DSC01426_20150902144018ce1.jpg
あ~楽しい(^^)
子供は一人であちこち歩き回っていました。

お次は道路挟んだところにある松本神社へ。
DSC01431_20150902144441bd3.jpg
笑えてくるほどの土砂降りに。

最後はそこから更に数分歩いた所にある旧開智学校へ。
DSC01443_20150902144804296.jpg
へ~~!しゃれている。
こんな学校があったんだ。
DSC01435_20150902144809287.jpg
DSC01445_201509021448069da.jpg
左右対称かと思いきや、帰って写真見たら微妙にずれているんですね。
DSC01448_2015090214480690a.jpg
和洋中がミックスしたような造りが素敵でした。
土砂降りじゃなかったらもっと綺麗に見られていただろうに(汗)

さぁ、今日はここまで。雨、ハンパないし。
昼ごはんは適当に駐車場側にあるお蕎麦屋さんで食べました。
DSC01450_201509021455060fe.jpg
信州そば×観光地= 少なくて高額 と、まったく予想通りの物でした。
でも美味しいので許します。
 
さぁ、ここから乗鞍高原へ向かいます。
登山もせず雨の中向かう事の寂しさ、悔しさったらありません!
歯喰いしばって向かいました。
道中、新島々駅横を通りましたが、こんな天気でも上高地行きのバスは大盛況です。
すれ違うマイカーも多かったしね。
さすがに私らのような今から向かう人はそうでもなかったけれど…

旅館こだま
お世話になる宿です。

建物自体は古いですけど館内は綺麗でした。
IMG_3954.jpg

無理矢理はめこんだと思われるシャワートイレに笑いましたが、ありがたいです。
それと、こんな山奥なのにWi-Fi使えます!去年の穂高岳山荘もそうだったけど、やっぱ北アルプスすげえなって思いました。
ただ、フリーWi-Fiじゃなくてパスワードが要ります。パスワードは館内スタッフの方に聞けば教えてくれます。

ではでは、さっそくお風呂へ。
IMG_3952.jpg
家族風呂の貸切露天風呂へGo!
IMG_3946.jpg
お!いいね~~
IMG_3950.jpg
土砂降りの中の露天風呂でしたが、とっても気持ち良かったです。
むしろ盛り上がりました(^^)
硫黄臭プンプンですね。
DSC01453_20150902151026deb.jpg
風呂に入ってすっかり落ち着いてイイ感じになりました。
嫁はイビキかいて寝ちゃっています(笑)

待つこと1時間、お次はこれまた楽しみにしていたご飯!
これが素晴らしかった。
DSC01458_20150902151351352.jpg
DSC01465_20150902151353265.jpg
DSC01468_20150902151355d9e.jpg
DSC01464_2015090215151123e.jpg
焼きたてで凄く美味しかった岩魚の塩焼き!
川魚は時間勝負です。出されたらすぐ食べないとどんどん水っぽくなるので脇目もふらずに食べる事が重要です!
よく、鮎とかマズイなんていう人が居ますが、大抵すぐに食べないでダラダラくっちゃべっている人ですね。
DSC01459_20150902151353122.jpg
一番うまかった飛騨牛(信州牛か?)。これもっと食いたかった!
DSC01469_2015090215135642c.jpg
タレがありますが不要、元から付いてある塩コショウのみが一番美味しかったです。
米にもビールにもよく合いました。幸せな瞬間。
DSC01466_201509021515131e4.jpg
子供にもこの品数です。当然食べきれないので私が貰いました。
ただ、肉だけはくれませんでした(笑)

普通の人なら食べきれないんじゃないか?って量でした。
私も嫁と娘が残したのと、おひつのご飯を全部食べて動けなくなるほど腹一杯に。
大満足でしたね、素晴らしい。
この後、娘と一緒に風呂入って1日目は終了しました。

寝る前に「てんきとくらす」の予報を見たら明日は行けそうな感じ!
期待を込めて眠りにつきましたが…


ザ~~~~~~~~~~~~
夜中に目を覚ますと凄い雨音です。
すかさず「てんくら」をリロードしましたら…非情の雨マークと登山Cマーク(涙)

朝になって雨が止み、外に出ました。
DSC01470_201509021524458dd.jpg
昨日は見えなかった乗鞍岳山頂が見えています!
これは行ける!!

と、思ったのも束の間、すぐに大粒の雨。そして乗鞍岳も見えなくなりました。
山頂の写真はこれのみに。
ドキドキしながら朝ごはん
DSC01473_201509021531595a7.jpg
朝も昨夜同様、しっかりとおひつを空にして全部たいらげました。
雨はどんどん強くなります。

それでも諦めきれない私はとりあえずバスで畳平に行く事を提案します。
しかし、バス会社に問い合わせた所、雨の日ダイヤで8時の次は10時運行だそう…
この時点で7:45、8時は間に合いません。
2時間後に天気が悪い事がハッキリしている乗鞍岳に行く気は起きませんでしたね。
せめて9時ならば行っていたかもしれないのに。

チェックアウトする際、旅館の方が私らを慰めてくれます。
本当に残念!でもここに泊まって良かったです。
また訪れたい、今度は天気の良い日に!
お世話になりました。


このまま帰ってしまうのはあんまりなので、せめて雰囲気とお土産をと、乗鞍観光センターへ向かいました。
DSC01478_201509021538533ac.jpg
バッチリ登山スタイルで決めた若い女性の方がおられましたが、この天気の中向かうのでしょうね…
心中察します。私も同じなので。

途中、雨の中景色良さそうな所で車停めて写真撮りました。
DSC01481_20150902154141bef.jpg
DSC01483_2015090215414377b.jpg
DSC01484.jpg
DSC01486.jpg
DSC01487.jpg
写真じゃわからないでしょうけど、まあまあ降っています。
すれ違う車の人たちは私を見てアホだなぁと思ったか、分かる!分かるよおじさん!って思ったかのどちらかでしょうね(笑)

道の駅 風穴の里

DSC01488_20150902154534cc3.jpg
DSC01489_2015090215453619d.jpg
DSC01496_201509021545372f0.jpg
日が照ってきている(汗)
でも、その後は振ったり止んだりでしたからやっぱりダメでしょうね。
本当に諦めと、終わったんだなぁ~感が漂いました。

あとはもう帰るだけ。
嫁と交替で運転して約400kmの道を帰りました。

地元に着いてから晩御飯。
くら寿司で。
もうお金使いすぎちゃったから(涙)
IMG_3955.jpg

噂のシャリカレーは意外と美味しいけど見た目が寂しすぎる!
イベリコ豚丼はパンチに欠ける。
寿司は回転寿司なので…

最後、寂しくなっちゃったけれど、家族は喜んでくれたのでまぁいいかなと。
私ばっかり好きな事しちゃっていますので。

来年こそは家族で燕岳を!

その前に、今年中に何とかどこぞのお山に家族で行きたいですけどね~。

ホーム

今年も9月に北アルプスの縦走をします

今年もこの季節がやってまいりました。
しかも、去年の3泊4日からもう少し増えそうな予感。
5泊6日とかになるかも!?

ただ、当たり前ですが天気次第です。
雨が続くようならば、単体のお山を日帰りピストン。焼岳、笠ヶ岳とか。
そこそこ晴れるようならば今年は裏銀座メインに絡めた縦走を組み込む予定です。

去年の大キレットからのステップアップとして、奥穂高-西穂高も考えていましたが、こちらに関しては正直微妙な所です。
私自身が去年の今よりもかなり太ってしまいました。
一昨年やった日帰り槍ヶ岳なんて多分今は無理です。

やるとすれば日にち刻んで1日掛けて奥穂高-西穂高を歩いて念願のジャンダルムを…って風にしないと。

ジャンダルムはやめて裏銀座メインで滅茶苦茶歩いてみたいという気持ちもあります。
裏銀座から雲ノ平とかにも行ってみたいですし。
あとやっぱり今年も槍ヶ岳も絡めたいな。

剱岳も行きたいけれど来年になりそう。

とりあえず長野-岐阜には居て、車中泊で様子を見ながら一番今の自分にあった無理のない山行が出来るお山を選びます。

雨でも腐ったり恨まず、謙虚に(重要)
去年の穂高と表銀座の縦走は本当に恵まれていた、あんな経験したのだから今年も同程度かそれ以上、なんて考えるのは厚かましいですよね。
7月の南アルプスも凄く良かったですし。

って、なんか必死に言い聞かせていますが(汗)
例によって不安で一杯なので…
mont-bellの山岳保険にも入りました。

あと、シュラフが今のだと全然寒くて使いものにならないので買わないと!
毎度毎度、金かかるなぁ。

とりあえず

安全最優先
無事に帰る
人様に怪我させない
遭難して迷惑を掛けない
お金ケチらず雨の時は小屋泊変更
この日の為にずっと前から準備をしてきた、という気持ちは持たず、荒天時はスパっと諦める気持ち


以上を心に留めて行きたいと思います。

うまくいきますように!

ホーム

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。