果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

RICOH THETA S を買いましたよ。

K0000809242.jpg

ワンショットで360°が撮影できる変態カメラTHETAに、新型が出ました!
2代目のm15買って1年もしないで買い増しなのは流石に気が引けましたが、私にとっては高級一眼レフカメラを買うよりも最優先事項です。

前機種からの変更点や機能紹介はこちらをご覧ください。
とても参考になります。
Impressの記事:デジカメWatch

カメラは使ってなんぼ!って考えです。
高かったから…
傷をつけないように…

なんて使い方では活動域が制限されます。

決定的瞬間に、スマホの写真や動画が多いのが全てを物語っていますよね。

とにかく、今しかない瞬間、これでなければ撮れない景色、場面を撮影できるってのが最大の理由です。

あと、以前も言いましたがこのカメラは最高のファミリーカメラです。
家族写真に全員が入る事ってそんなにないですよね。

よほどの場面か優しい方が「ご一緒に撮りますよ」なんて声を掛けてくれるまでは、なかなか面倒くさくてついつい子供だけで終わってしまうこと多々あります。

しかし、こいつは全部ワンショットで写します!
THETA S テスト 娘とキッス。 - Spherical Image - RICOH THETA


小さい娘がパパにキスをする風景は日常よくある光景だと思います。
ただ、それを写真に残せている方はどれほどでしょうか?
気付いた時には我が娘は化粧をし、父とは口もきかなくなる歳にあっという間になるのです。
その時後悔しても遅い。
私はこの画像さえ残っていれば、この先、我が娘が冷たくなって会話がなくなって辛くなっても、この画像でなんとか頑張れるんじゃないかと思っております!

また、先程も言いましたが、THETAでなければ撮れない写真・場面もあります。
これも偶然撮影出来たのですが…
thetaの上にトンボちゃんが。 - Spherical Image - RICOH THETA


ちょうどTHETAの上にトンボが止まって、それを娘が取ろうとしている瞬間です。
トンボは胴体が切れてなかなかホラーですが、臨場感は凄いと思います。
どんな高級カメラでも絶対に撮れないシーンですよね。

家族写真整理してみたらにパパだけが写っていないなんてのは世界共通の事だと思いますが、そんな寂しいことが激減すると思います。
もちろん、既存のカメラでも家族全員の写真は意識すれば撮れますが、大半は面倒くさいから自分はいいや、ってのが多いですよね。

今までのTHETAでもこれは出来ていましたが、正直画質は今一つで単純に記録だけの意味合いが強かったと思います。
あと、山のような広い場所だと意外とイマイチだったんですよね。
今度はお山用カメラとしてもメインになるかなと思いました。

そう考えますと、発売日。
あと1ヶ月早ければよかった!
そうすりゃ涸沢カールにも持っていけてたでしょうからね。
冬のアルプス行くのは自分には無理なので、冬の筑波山や丹沢でガシガシ使っていきたいなぁ。


安い一脚もありますが、今度のTHETAは若干の重量増なので、回転防止機構のあるこちらが良いです。
自分も使っています。


高いけれど手堅いミニ三脚

便利です。

今のところ出番ゼロのちんこ防水ケース

これの活躍もあるか!?

来月に後輩の結婚式があるのでバッシバシ撮影してきたいと思います。
きっとどのカメラよりもライブ感あるはず!
スポンサーサイト

ホーム

つくば ラーメンフェスタ 2015

2015.10.10
ふくろうカフェを後にして向かうはこのイベント。

DSC02152.jpg
4杯分のチケットを購入。

まずはコチラ。
DSC02157.jpg
後から振り返ると、こちらが一番トッピングが安くて手際が良かった。
(他店は全部入りは300~500円)
他は人数居ても自分の担当作業が来るまでは待っているのに対して、こちらは全員が動いておりみるみる配膳されます。
最初、行列が少なくて人気無いのかな?って勘違いしちゃいました。
DSC02159.jpg
DSC02160.jpg
DSC02161.jpg

最初に言っておきますが食べた4店、すべて美味しかったです。
優劣なんて付けられません。後はもうその人の好みかな。
あと、全店メンマとチャーシューうまかった。

麺がうまい!スープは塩。塩って最初は美味しいけれどすぐしょっぱくなるのがあんまり好きじゃありませんでしたが、こちらは冷めてきても塩辛くならない!


続いてはこちら。
DSC02163.jpg
もう笑っちゃうくらいの腕組み、タオル巻きビジュアル。
DSC02164.jpg
DSC02166.jpg
DSC02165.jpg
トッピングに生の鶏肉が!と思ったらスモークされたやつでした。
娘、超気にいってばくばく食べる。


3店目はこちら。
DSC02170.jpg
それにしてもさっきの店もそうだったけれど1位の表記多し(笑)
DSC02171.jpg
人気らしく、早々にトッピングは売れ切れ。
DSC02172.jpg
塩というよりは醤油味のような見た目のラーメン。
DSC02175.jpg
美味しいなぁ。
DSC02178.jpg


最後はこちら。
DSC02180.jpg
DSC02181.jpg
DSC02182.jpg
あま~い香りがしました。
DSC02187.jpg
DSC02188.jpg
スープを飲んだら一番濃い目。
そこに肉厚のチャーシュー。
腹が減っていた時に一番満足しそうなのは自分にはコレかなぁ。


以上、こんな感じでした。
他のも食べたかったけれど仕方ない。近くだったら3日間通って全種食べたけどね~。
楽しいイベントでした!

スタッフの皆様お疲れ様です。

ホーム

ふくろうの家 つくば市

DSC02054.jpg

2015.10.10

この夏、秋葉原のフクロウカフェに振られること2回、しかし身近にそれはありました。

ここ数年増殖中のフクロウカフェ、なんと我が茨城県内にもあります。
それも筑波山のあるつくば市とは!しかも営業開始から3年!
全然知らなかったよ(汗)

この辺は石岡とあわせてもダチョウ王国、東筑波ユートピア、つくばわんわんランドと動物関連が一杯ありますね!

本当は家族で宝篋山からめて行くつもりでしたが…

嫁…やる気なし
娘…行くよ、とは言ったが寸前で友達との遊びを優先したいとウソを(すぐわかります)

フクロウカフェのみにすると言ったら途端に元気になりやがりました。




やって来ました。
多少道に迷って嫁と喧嘩しましたが(恒例行事)
DSC02149.jpg
DSC02150.jpg
入口にいるタカちゃん。
ピョロロロローーと鳴きます。

緊張で入店。
そこは…
DSC02071_201510111759316e3.jpg
DSC02072.jpg
すげえ一杯いる!
入店に関しての注意事項の説明、注意書きを読み、手を洗います。
すごく慎重です。子供は無茶しますからね。くれぐれも間違いのないように親の方から言い聞かせる感じで説明。

誤解をしていました。
ふくろうって結構大きいものだと…
そしたら小さい奴もいっぱいいるのね。
なんかおもちゃみたいで可笑しいです。
ひときわ小さい奴が入口上の方に…
DSC02074.jpg
最初、かざりかと思った(笑)
DSC02019.jpg
動いた!
DSC02020_20151011180316e91.jpg
キュピ~~ン!!
なんだこれ、可愛すぎる。


ミャァ~~
DSC02063.jpg
ミャァ~~
DSC02064.jpg
ミャァ~~~~!!
DSC02065_20151011180700fd4.jpg
喉?胸ののあたりをピクピクさせて鳴くヤツが。


DSC02017.jpg
DSC02126.jpg
細くなって警戒(擬態)を最後まで解かなかったヤツ。
お店の人の話では人間じゃなくて隣のミミズクたちに対しての警戒だそうです。


わたくし一番のお気に入りは…
DSC02037.jpg
DSC02045.jpg
顔の放射状の羽毛、漆黒の目、とてもかわいい。
DSC02016.jpg
DSC02018.jpg
吸い込まれそうな瞳。


ちっさい。娘のお気に入り。
DSC02057.jpg
頭をそっと撫でると、ぺちゃって更に薄くなる(笑)
DSC02046.jpg
手に乗せていただきました。
DSC02025_2015101118163087f.jpg
なんて可愛んでしょう。


DSC02005_20151011182220407.jpg
DSC02142.jpg
DSC02120.jpg
DSC02056_20151011182221bc1.jpg
DSC02082.jpg
ドリンクなんて飲んでる暇ないぜ。
みるみる過ぎる時間。


なんとなく麻木久仁子に似た
DSC02091.jpg
キミを指名!
DSC02087.jpg
私も乗っけました。
DSC02108.jpg
見つめ合う1人と1匹…


80年代アイドル風。
DSC02121.jpg
デビューシングル 瞳・そらさないで 今秋発売。
DSC02122.jpg


菩薩の微笑み1
DSC02129_20151011183333507.jpg
菩薩の微笑み2
DSC02136_201510111833357e1.jpg
菩薩の微笑み3
DSC02137.jpg


何かを考える顔…
DSC02085.jpg

と、見せかけてウインクッ!
DSC02086_20151011183608112.jpg
ぐはっ、ヤラれた~~。



仲良し2匹。
DSC02048_201510111839173f4.jpg
DSC02050_20151011183919c18.jpg
DSC02049_201510111839181b1.jpg


と、まぁこんな感じで予想外の楽しさ。
とても素晴らしい時間が流れておりました。
先程も言いましたが、ドリンク飲む暇ないほど(^^)

リピート決定ですね!

ふくろうの家 ホームページ

ホーム

初の涸沢カール テント泊!

DSC01871_2015101110225113e.jpg
2015.10.3~10.4
先月の裏銀座が苦い思い出になりましたが、懲りずにまた北アルプスです。
それもハイシーズンの上高地、涸沢カール!

紅葉期の涸沢カールならば、アクティビティ大好き女子は必ず落ちる!と噂の(?)場所へ、よりにもよって職場の後輩と行きましたよ(笑)
DSC01845.jpg
前日、仕事が終わりそのまま東京駅へ。そして大手町から竹橋駅へ向かいました。
今回は初めての登山バスです。
毎日あるぺん号の3列シート!!
DSC01846.jpg
すげ~~、オットマン付いている!

ソロ登山ならばバスのほうが安い!って言う人が居ますが、それは都会の人です。
中途半端な関東の茨城県民にとっては、バスもマイカーも金額的にはそう、変わりません。
がっつり縦走ならばマイカーの方が都合がいいほどです。
バスや電車だと前日入りや後でも1日休まなければならない、って事になる場合が多い。

今回は涸沢カールのみ!という贅沢登山なので初めてバスを利用しました。
しかしコイツは快適だ。クセになるかも。
興奮しすぎて上高地まで一睡もできませんでしたが!
これは今日はしんどい登山になりそうだ…
でもまぁ、涸沢カールのみだし大丈夫でしょう!

6:00 上高地バスターミナル
DSC01848.jpg
すごい!凄い人だ!
去年はじめて上高地に来ましたがあの日は平日だったからなあ。
平日でも多いな!って感じだったからもうそれはそれは凄まじい人の数。
今回は相棒がいるので荷物を分散できるのが助かる。
それでも重いのは私の方ですが…まぁ、ソロテント泊に比べれば全然軽い方でしょう。

河童橋
DSC01850.jpg
DSC01853.jpg
昨年登った穂高の吊尾根がよく見えます。今日はいい天気!
すると…

DSC01855_20151011104139abc.jpg
DSC01856_20151011104141a85.jpg
おサルさんが一杯現れました。
沢山の登山者がいるのにゆうゆうとしています。
DSC01858_201510111041423b8.jpg
梓川もきれい。キリっと肌寒い日でしたが、期待が高まります。

7:26 徳澤園
DSC01860_201510111048473b2.jpg
ソフトクリームが有名ですがそれは帰りで。
どんどん行きます。
涸沢カールへの道は約15kmと距離は長いですが、前半の10kmはほぼ平坦な道なので楽ちんです。


8:11 横尾 (横尾山荘)
DSC01861_20151011104849cf9.jpg
DSC01863_201510111048492dd.jpg
DSC01864.jpg
ここが涸沢までは最後のトイレになるのでみんな並んでいます。
私らもここで休憩。
DSC01866.jpg
屏風岩が大迫力でした。

ここから先が(正確には本谷橋から)登山っぽい登りになります。
道幅も狭くなりツアー団体渋滞が起きました。
そこそこのスピードでここまで来れたので、CTより相当早く着くかも?と思いましたが結局はほぼCT通りまで時間かかりました。
仕方ない事です。
DSC01869_20151011110230521.jpg
あ、でも見えてきましたよ!
もう我慢できん!
ここで追い越しをかけます。

11:26 涸沢ヒュッテ
DSC01870_20151011110231dbd.jpg
5時間半かぁ…
最後の方、しびれ切らせて追い抜きましたが、それやらなかったら6時間掛かっていたな。
DSC01872_20151011110233bd3.jpg
さっそく凄い景色に私も後輩もただただ驚くばかりです。
DSC01873_20151011110233038.jpg
すぐ、テント設営に良さ気な場所を探します!
DSC01874.jpg
よくよく見ると、涸沢小屋の方の紅葉は終わっていますね。
ナナカマドの赤みは正直、涸沢カールよりもその下のほうが赤みが多かったです。
数日遅かったか…
でもまぁ十分です。最高です!

ここで事件!
遠くから風に飛ばされたテントがゴロンゴロンと転がってきました!
誰も止めない、正確には気付かない、気付いた時は頭上を越えているという風だったので、遠くから見ていた私が追いかけます。
数人の方とやっとテントに追いつき止めました。
肝心のテントの持ち主は不在です。
固定もせず、中に荷物で重しをしていなかった事に一緒に止めた一人の方が怒り心頭でした。
その後、管理棟の方に報告してお任せしました。この時期よくある事なんだそうです。

まぁ、そんなこんなで…
素晴らしい天気の涸沢カールにて。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


テント設営完了!
天気最高!

ヒュッテに生ビール飲みに向かいます。
DSC01875_20151011112258a33.jpg
名物のおでんと共に…
DSC01876_20151011112300207.jpg
かんぱ~~~い!!マムートジョッキがいい感じ。
DSC01877.jpg
おでんも美味しい。下界で食べたとしてもなかなかじゃないか?
DSC01881_2015101111230381c.jpg
みんな楽しそうです。既に出来上がっているパーティーも…
DSC01879.jpg
絶景をアテに最高です。

しかし、水のように生ビール飲んだら大変な出費になるので後輩とテントへ戻ります。
宴会の本番はここからです!

大量に持ってきたハム・ソーセージをアホみたいにひたすら焼きます!
DSC01882.jpg
そして、尾瀬で持ってきて以来、すっかり気に入ったペットボトルのワインと共にガンガン飲みます。
DSC01883.jpg
ああああ楽しい!!
DSC01885_20151011113506905.jpg
棒ラーメンも食べます、これがおいしい~~
DSC01892.jpg
余ったスープに水を足して沸かして、それでパスタも茹でました。
DSC01893_20151011113508618.jpg
水気がなくなった頃にキューピーのふりかけ的なパスタソースを投入。
コイツもめちゃ美味かったです。とんこつスープの残りで炊いたのが効いていましたね。

DSC01886_20151011114311423.jpg
DSC01889_2015101111431136e.jpg
DSC01891_20151011114309016.jpg
涸沢小屋側だと、一番きれいな方見えないんだね。

ここまでまったく寝ていなかった自分。
14:30にはもう眠くて眠くて寝る事にしました。
アーベンロート(夕焼け)は無かったようです。

星空撮影会が始まりました。
でっかいレンズ、三脚多数!
DSC01905.jpg

カラフルに発光するテント群!これも涸沢カール名物。
DSC01898_20151011124353dd0.jpg
高感度で撮影!
DSC01897.jpg
DSC01910.jpg
DSC01914.jpg
こうして涸沢の夜は更けていきました。
明日はモルゲンロートが見られるでしょうか?




明けて2日目、10月4日 5:11分
DSC01919_20151011130114419.jpg
雲一つない天気、これはモルゲン確実!
そう思っていましたが、まさか…

DSC01923.jpg
うそでしょ?あっという間に雲が出てきた。
コレはマズイ。

そうは言いつつも開始。
DSC01929_20151011130454350.jpg
DSC01931.jpg
DSC01932_2015101113045552e.jpg
とりあえず焼けましたが、残念ながらな真っ赤にはなりませんでした。
しかし、ここから先が素晴らしかった。

DSC01952_20151011131215d03.jpg
DSC01957.jpg
DSC01972.jpg
DSC01974.jpg
暗・明・暗のコントラストが素晴らしい。
みんな目を奪われていました。
後輩はモルゲンロートもどきが終わった後、早々に寒さでテントに戻っており、この景色を見逃しておりました。

DSC01976.jpg

このあとは更に雲が広がり、穂高の山々も隠れて小雨も降ってきました。

7:27 さらば涸沢カール!
DSC01977_201510111329326b5.jpg
奥穂や北穂に登らず涸沢カールのみという贅沢さ。
おかげでのんびり、ゆっくり堪能できました。
とはいえ、さすがにもうやらないと思うけれど…もったいないから。
子供と来るならばまた同じ内容でやりたいですけどね。
DSC01978_20151011132933fad.jpg
下山も良い景色です。


10:11 徳澤園
DSC01985_2015101113342671e.jpg
めっちゃくちゃおいしい!そして異様なまでの冷たさ。
ソフトクリーム食べて頭がキ~~ンってなったのは初めて。

このままだと早く上高地着いちゃうので…

11:14 明神池
DSC01988_20151011133951d42.jpg
DSC01989.jpg
DSC01990.jpg
DSC01993_20151011133954057.jpg
DSC01994.jpg
中に入るのに300円…
涸沢カールの後では薄いかな。でも綺麗です。

この後、上高地に戻る前に小梨平のキャンプ場の風呂と食堂でゆっくりと。
DSC01997_20151011134357503.jpg


13:15 上高地

お疲れ様です!
15時のバスまで時間たっぷりあるのでここでもビール飲んだりでのんびりしていました。

こんどはさわやか信州号で新宿へ。
道中とんでもない渋滞で7時間も掛かり、茨城への高速バスもギリで焦りましたが本当に楽しかった山行でした。
来年は沢山北アルプスに行けると良いなぁ。

ホーム

10年以上ぶりの横浜中華街とはじめての赤レンガ、ランドマークタワー

2015.9.20

久しぶりに行ってきました。
東京に住む従姉妹家族と共に。
嫁とは初めて。最後に行ったのは会社のバスツアーでした。
DSC01713.jpg
思いつきでの旅行。
あの店行きたいとかではなく、食べたいものだけ事前に調べて。
とりあえず食い放題だけはやめておこうと(笑)
DSC01718.jpg

マンゴーかき氷はたぶん、中華街何処で食べても味は一緒なんじゃないかなぁ。
DSC01715.jpg
氷自体が練乳入り?を凍らせて作っているのでクソ甘くて美味しいです。

焼き小龍包…
DSC01717.jpg
おいしい。

普通の小籠包
DSC01716.jpg
自分はコレだな、やっぱり。
どんなに熱くても、口の中の皮がベロベロになるとしても、私は一口で食べます!
そのほうが美味しい。

で、ごはんなんだけど…
何処で食べたか忘れた(汗)
DSC01727.jpg
DSC01728.jpg
DSC01729.jpg
でも美味しかった。
写真あんまり撮っていませんでしたが、コレの倍以上の品数。
腹ぱんぱんになりましたが、結局、有名店のバイキングよりも安く済みます。

もっと色んな物を食うはずが、ここでキャパ一杯に(笑)
DSC01720.jpg

子供用のチャイナ服が安かったので買いました。
DSC01731.jpg
このまま着て歩くことに(^^)

娘はこの格好のまま、この後も散策しました。
赤レンガに向かいます。
DSC01734.jpg
DSC01738.jpg
DSC01736.jpg
初めて行きましたが中身は女性向きですね。
自分には刺さらなかったのでベンチで寝て待っていました。
外観はすてき。

このまま歩いてランドマークタワーへ向かいました。
DSC01741.jpg
DSC01744.jpg
DSC01742.jpg
行くまでの道が素晴らしいね。
さすが横浜って感じです。
デートならば外さないでしょう。
芝生でベタベタしていたカップルが山ほど居ました。
中には始まってんじゃないか?ってゴソゴソしていたほぼペッティングってくらいのカップルもいましたが…
けしからん!って感じじゃなく微笑ましい平和な昼下がり。うちら家族、ふむふむとガン見していました(笑)


ランドマークタワーに入って展望塔へ向かいました。
DSC01755.jpg
DSC01757.jpg
DSC01763.jpg

お!スカイツリーの横に…
DSC01762.jpg
筑波山が見える!!!
DSC01762a.jpg
筑波山格好良い~~~

DSC01764.jpg
DSC01776.jpg
DSC01783.jpg
DSC01787.jpg
スカイツリーの展望デッキより景色いいかもしれん。しかもこっちの方が安いし。

お腹空いてきたのでランドマーク内で食べます。

お店を物色中、結婚式の二次会やっている所がありました。
それ以外にも貸し切りのパーティーやっている所が結構あった。
こんな所でやれたらいい思い出ですよね~
離婚すんなよ!!!


Bd26(バールデールジロー)
読めん!!
DSC01789.jpg
おしゃれな雰囲気、子供が入るような感じじゃありませんでしたが、私が飲みたかったので。
カウンターに案内されました。
みんなお若い店員さん。お客も若いグループばかり。
若干場違いな私たち(チャイナ服着た子供もいるしw)
DSC01788.jpg
でも、お声を掛けてくれたり色々気遣っていただきました。
DSC01793.jpg
DSC01790.jpg
DSC01791.jpg
料理もなかなか美味しくて満足。
しかもそんなにお高くない!
そりゃ若者来るよな~
けっこう飲み食い、気持よくお腹いっぱいになってお店を後にしました。
ありがとうございます!

DSC01795.jpg
DSC01798.jpg
朝から晩まで目一杯遊び、最後は駅前のパフォーマーさんのマジックを見て帰りました。

横浜すごいねぇ。
田舎者には満足過ぎる非日常感。
山で味わうそれとは違いましたが、これはこれで素晴らしいものだと思いました。
親戚が横浜に住んでいるけれど、こっちの雰囲気とは違うしね。あっちはたまプラーザの方だから。
あ、でもあそこも今は結構変わったんだっけなぁ。

定期的に横浜には訪れる必要がありますね!

ホーム

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。