果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

久々のアルプス!初の鳳凰三山!日帰り縦走 その1

2014.8.4
やっと・・・・長かった・・・・
先月の筑波山を除けばガツンッ!と山に登ったのは6月の磐梯山以来です。

天候と仕事のせいで全然行けなかった登山。今回はやっと行けました。
だが、天気はイマイチだった。出発二日前まではオール晴れマークだったのに。
それでも久しぶりの日本アルプスに大満足でした。
そして、今回もまた登山道を間違えました(汗)


夜10時まで寝て、そこから風呂入って準備。
天気予報サイトの情報が昨日と変わっています。
「またか・・・法則発動か」
と、クサりそうになりましたが、雨はなんとか降らない感じなので安心。
(実際は午後から小雨降り出しましたけど)
景色はもしかしたらダメかも、、、でも山だし!と、淡い期待を抱いて日が変わる0時少し前に茨城を出発しました。

深夜なので渋滞もなく首都高を越えスイスイと山梨へ。
そこから夜叉神峠へと向かいます。
アルプスとか百名山の山の車道って「酷道」なんて呼ばれている所が多いですよね。
そういうのが余計に緊張感を持たせるのですが、夜叉神峠は程よい?怖さ。
一部、車一台がやっとの道もありましたが、それほどすれ違いにビビる様な道もなく到着。
DSC02629.jpg
「単独登山はやめてください」の注意文。
DSC02630.jpg
心がチクりとしますが友達の少ない自分、ましてや山に一緒に行く知り合いなど皆無なので無理です。

DSC02632.jpg
登山ポストに計画書を入れます。自分は家から用意してきましたが、ここでも書けるように用紙がありました。


4:00登山口出発
DSC02631.jpg
DSC02633.jpg
毎回ナイトハイクはビビりながらやるのですが、今回は既に駐車場にまあまあの人たちがいて心細さはありませんでした。
さすが夏のアルプスですね。

夜叉神峠までは道幅も広く周りの木枝も邪魔になるような事もありません。非常に快適に歩けちゃいます。
丹沢の大倉尾根よりもナイトハイクでは歩きやすい方かも。
まぁ、あくまで夜叉神峠までですけどね!
DSC02635.jpg
書体がこえーよ・・・


4:43 夜叉神峠
DSC02638.jpg
本来ならば、ここから北岳・間ノ岳・農鳥岳の白峰三山が綺麗に見られるそうなんですが・・・
この有り様です。凄く見たかったので残念です。
DSC02637.jpg
小屋には既に明かりがついていました。人は見えなかったけど気配はありましたね。
南アルプス鳳凰三山、夜叉神峠 - Spherical Image - RICOH THETA


諦めきれないので、とりあえずおにぎり食って待つことに。
DSC02639.jpg
ロックアイスの袋はジップ式になっているので山ではゴミ袋に重宝するので捨てずに取ってあります。


手前の山、なんていうか分からないんですけど、日の出で焼けてきました。綺麗です。
DSC02641.jpg
白峰三山の雲は晴れそうにない・・・
DSC02643.jpg
ピストン予定なのでこれ以上時間かけることも出来ず、先に行く事にしました。
自分が夜叉神峠に着いた少し後に来た登山者の方に撮ってもらいました。
地蔵岳までは行けるでしょうけど日帰りは大変ですよ、と言われました。
またまた緊張してきましたが、無理そうだったら小屋に泊まれるようにお金は用意してきました。


5:57 杖立峠
DSC02646.jpg

7:02 苺平
DSC02648.jpg

デジャヴの様な画像ですが、それぞれ違う場所です。この間にも火事場跡という所があって、同じような景色です。
ここまでの道、結構な急登で変化のない森歩きなので特に書くことがありません。
長い、、、ただ、ひたすら長いです。


7:24 南御室小屋
DSC02650.jpg
というわけで、ここで泊まる人が多いのも頷けます。早朝にもかかわらず結構賑わっているところを見ると、皆宿泊客だったのでしょう。
DSC02651.jpg
二人組の山ガールさんに写真を頼まれ、私も撮ってもらいました。
頭のカメラについて聞かれます。孤独な山行中に女性との一瞬の会話は変な意味じゃなく癒されます(笑)
こんな悪人顔のオッサンに話しかけてくれてありがとう。

さぁ、小屋を出発してしばらく歩くと退屈な樹林帯を抜けようやく・・・


mpc-hc64 2014-08-06 11-59-12-96
mpc-hc64 2014-08-06 12-00-13-53
白砂と花崗岩の景色が広がります!
そしてすぐに目につくお花たち!
DSC02655.jpg
か、かわいい。花にあんまり興味のない自分も足が止まります。
咲き方が可愛いんですよね。白砂の、大岩のそばにくしゅくしゅっと咲いている様が可憐です。
名前はこれからゆっくりと覚えていこうと思います。
DSC02654.jpg
多分、あれが薬師岳でしょうか?


8:18 砂払岳
DSC02657.jpg
DSC02656.jpg
鳳凰三山で見られた富士山はこれがマックスでした。
もういいです。花とこの白砂歩きをとことん楽しもうと思います。
DSC02658.jpg
DSC02659.jpg
DSC02660.jpg
これも薬師岳?突端がまるで地蔵岳のオベリスクのようで最初勘違いしていました。


8:33 薬師岳小屋
DSC02662.jpg
素敵な看板ですね。

着いて間もなく小屋番の方に
「もう熊鈴外しても大丈夫だよ」
「鈴がなっているとライチョウのヒナが逃げちゃうから」
DSC02663.jpg
なるほどね(笑)
曇だからライチョウ期待できるかも、と言われましたが実際は会えなかった。残念。
ライチョウちゃんを見ることができるのはいつかなぁ・・・
小屋でバッジ2個買いました。

小屋を出発してすぐ
DSC02664.jpg
今度は白い花がお出迎え。これもとても綺麗です。
ほんとうに綺麗です。岩と白砂のせいか、花が際立って見えます。

この感じ・・・
DSC02665.jpg
燕岳を思い出させます~~!
DSC02666.jpg
鳳凰三山版のイルカ岩とでもいいましょうか。

8:45 やっと最初のピーク、薬師岳!
DSC02667.jpg
南アルプス鳳凰三山の一つ目、薬師岳 - Spherical Image - RICOH THETA


景色は残念!!
しかし長かった。こんなんで日帰りなんて出来るの??


、、、、と、思っていたら

9:07 観音岳
DSC02669.jpg
DSC02671.jpg
三山で一番高いんだっけ?にしては地味な感じ。
まぁ、ピークよりも白砂稜線歩きのほうがメインですからね。

すぐに出発しました。
出発してすぐ
DSC02672.jpg
地蔵岳のオベリスクが見えました。
今回一番見たかったやつ!
ガスっている。ダメだ。さすがにこれは我慢できない!どうか晴れてくださーーい!!
と願ったら
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02674.jpg
DSC02673.jpg
ありがとうございます!感動ッス!超かっこいいです、ジゾオベ先輩!
本当に素晴らしいです。
ここは日本でしょうか?ってのが山歩きの醍醐味ですが、まさにそんな感じで脳汁出まくりました。

長くなったので地蔵岳についてはその2で書きます。
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。