果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

久々のアルプス!初の鳳凰三山!日帰り縦走 その2

DSC02676.jpg

2014.8.4
その1はコチラ

オベリスクに見とれて木に頭を思いっきりぶつけてたんこぶを作りました。
帽子かぶっていなければブッチャー並みに流血していた事でしょう。
山では本当に帽子は必須ですね。
モアイ像みたいに顔がでかい自分は帽子が大嫌い!しかし山では必ずかぶっています。
今回の様に頭を打ち付けた事は1度や2度じゃないので…

にしてもカッコイイです。かなり大きく見えますがなかなか近付きません。
でもニヤニヤが止まりません。

ガンダムが好きな自分には巨大モビルアーマーの様に。
色も形もα・アジール(発進する前の状態)にも見えます。

バチ当たりな事を言えば男性シンボル…
それも包茎チ○コっぽくも見えますね。
悩める男性たちに「気にすんな!」と勇気を与えてくれているかの様なオベ先輩。
ま、私は違うけどね!
ムケてます!
嘘じゃないです!
ただ、小さいけど…

10:14 アカヌケ沢の頭
mpc-hc64 2014-08-07 09-11-49-26
おお、近いぞ!

そんなこんなで(^^)


10:20 地蔵岳!
DSC02677.jpg
こんにちはオベリスクさん!

DSC02678.jpg
上品そうなマダム三人衆に撮っていただきました。

DSC02680.jpg
槍ヶ岳の時と少しポーズを変えて、トンガリとツボミの様な膨らみを真似してポーズ…
ちょっとイマイチ。

DSC01439.jpg
昨年の槍ヶ岳…
あ、あれ?あんまり変わっていないか(汗)
鳳凰三山、地蔵岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA


DSC02683.jpg
DSC02682.jpg
DSC02684.jpg
だだっ広い砂の広場に沢山のお地蔵さん、そしてそれ自体が大ボス的な地蔵に見える巨大なオベリスク。
なんとも不思議な空間です。
ずっと見ていても飽きません。ここまで長かったからね~
無理をした八ヶ岳の時と違って、ピストンは出来そうと思ったけれど、ゆっくりするならやはり宿泊でしたね。
今度は泊まりでゆっくりこの景色を眺めていたいです。

さぁ!今からオベリスク登ってみます。
THETAで面白い写真とる為に。
てっぺんは来る前はもしかしたら出来るかも?なんて思っていましたが、目の当たりにすると自分には無理だとわかりました。
出来たとしても下りる事が出来ない感じがビンビンします。
薬師岳のご主人にもやめたほうが良いと言われましたので。
今でも年に数人落ちているそうです。
登り切った人の総数からすれば少ないでしょうが、その一人にはなりたくないですからね。


では行きます!

mpc-hc64 2014-08-07 09-23-35-10
ハァ、ハァ、こんな所にもお地蔵さんが。

mpc-hc64 2014-08-07 09-23-56-29
落ちませんように、落ちませんように!

mpc-hc64 2014-08-07 09-24-05-06
ぜぇ、ぜぇ

mpc-hc64 2014-08-07 09-24-20-75
近づいた~、下見ると…いかんいかん!

mpc-hc64 2014-08-07 09-25-14-65
こえ~~、でも引っ掛かりがあるだけマシなんだとこの先で思い知らされます。

mpc-hc64 2014-08-07 09-25-48-05
慎重に慎重に…

mpc-hc64 2014-08-07 09-26-10-38
こんな所にもお花が…

mpc-hc64 2014-08-07 09-27-11-17
あとちょっとに見えますよね?
でも、画像に写っている岩の一つ一つの塊は凄く大きいんです。

mpc-hc64 2014-08-07 09-27-39-14
ロープが見えます。


mpc-hc64 2014-08-07 09-28-11-57
ここに足乗っける…滑ったら終わりだ…
風が強い!小雨も降ってきた。

mpc-hc64 2014-08-07 09-28-33-13
ああああ高~~~い!
風!こえ~~、嫁と子供の顔が浮かぶ。

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-04-74
むぅ…あと少しなんだけど。

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-41-33
裏に回ってみよう

mpc-hc64 2014-08-07 09-29-29-50
mpc-hc64 2014-08-07 09-30-22-98
もっとツルツルでした。
ここまでだな!
よし、やめます。
ここでTHETA撮影は危ないので少し降りて…
地蔵岳、オベリスク直下。 凄い迫力!これ以上は怖くて行けなかった。 - Spherical Image - RICOH THETA



このまま降りるのは勿体無い。
せっかくなのでオベリスク周りを伝ってみます。
mpc-hc64 2014-08-07 09-31-31-17
mpc-hc64 2014-08-07 09-31-50-16
こんな場所に色んな物がありました。
DSC02690.jpg
オベリスクの向こう側にも奇妙な大岩があります。
本当に不思議。

オベリスクから降ります。
砂地に入ってから下むいて調子に乗って走って降りたら違う登山道側にまあまあ降りてしまいました。
登り返しが大変。
お地蔵さん前広場に戻ってデポしておいたザックを回収、このまま道を戻ろうかと思いましたが、地図を見ると鳳凰小屋を経由しても帰れる事が分かったので行ってみることにしました。
mpc-hc64 2014-08-07 11-37-20-32
まるで富士山御殿場ルートの大砂走りみたいな足が埋まる砂地です。
鳳凰小屋から地蔵岳に来る人は大変でしょうね~
自分は嫌だな(汗)
しかし…えらい下ります。こんなに下るか?ってくらい標高下げます。
観音岳の登り返し…相当しんどいかも??(大汗)
よくよく考えればわかったのに…

11:48 鳳凰小屋
mpc-hc64 2014-08-07 11-34-40-46
DSC02694.jpg
DSC02693.jpg
ここで初めて大休憩。
地蔵岳の方が滞在時間長かったけど、オベリスクと格闘していたから実質ほとんどゆっくりしていなかった。
ベイシアとかで売っていそうな謎のメーカーのコーラを買い、おにぎりと一緒に食します!
鳳凰小屋は元気な若い女性スタッフの方がいました。
山野草と同じくらい見て癒やされますね(笑)

ペットボトルに南アルプスの天然水を汲み観音岳へと向かいます。
mpc-hc64 2014-08-07 11-56-30-10

DSC02695.jpg
!!!!!
荒れた急斜面です。
膝を、モモを、おもいっきり上げないと登れないような道がずっと続きます。
日帰りには泣きたくなるほどキツい道でした。

地蔵岳からそのまま戻った方がうんと早かったでしょうね。
次回は鳳凰小屋には寄らずに戻るようにしようっと。

しかし、なんとか到着!
ここからさき、帰り道でしたがこの歩きが非常に楽しかったのです。
むしろ行きよりも稜線歩きを堪能できたかもしれません。
DSC02697.jpg
DSC02698.jpg
DSC02699.jpg
DSC02701.jpg
DSC02703.jpgDSC02704.jpg
DSC02705.jpg
DSC02707.jpg
DSC02708.jpg

ただ、砂払岳終わってから夜叉神峠まではつまんなかったですけどね(笑)
DSC02712.jpg
でも、十分楽しかった。あと少し!

17:14 夜叉神峠登山口
mpc-hc64 2014-08-07 12-27-03-75
DSC02714.jpg
DSC02715.jpg

17時過ぎちゃったけど、前回の八ヶ岳よりはまだ体力残ってました。
鳳凰小屋寄らなければもっと早く…1時間は早く戻れたと思います。
閉まる寸前だったレストランでソフトクリーム。これが大変疲れた体に美味しかった!!

ここの温泉も凄く広くて気持ち良かったです。
DSC02717.jpg
DSC02716.jpg

久しぶりのアルプス縦走、天気はいまいちだったけど、内容的には満足しました。
で、花崗岩と白砂を歩いて燕岳にどうしてもまた行きたくなりました。
もしかしたら来月、後輩と行けることになりそうです。
ただし、縦走はなく、一泊で燕岳のみになりそうだけど。
ちょっと贅沢というかもったいない感じだけど、たまにはゆっくりした登山もいいよね、きっと。
楽しみだなぁ~~

鳳凰三山にもまた絶対に来ますよ!来年の紅葉シーズンとか。
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。