果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

秘湯だった中房温泉で前泊!その後、2度めとなる燕岳へ…

DSC03026.jpg

2014年9月6日~7日の1泊2日で行ってまいりました。
厳密には燕岳自体は日帰りピストン。
その前日に長野に入り、中房温泉でゆっくりするというプランです。

滅多に行けない北アルプス。
温泉宿に宿泊して縦走もせず、燕岳のみをピストン。

いつものソロ山行だったら目一杯歩いて複数ピーク踏んで、ヘロヘロになるまで歩き倒して帰るのが私の普段の山行。
そんな自分なら決して選ばないであろうプラン(笑)
今回も珍しく若い後輩たちが着いてきてくれました。

まぁ、こういうプランでもなければ山が趣味じゃない限り来てくれる人は…うちの職場にゃいませんな(汗)
でも良かったです。のんびり…ゆったり出来ましたので。
私は交替勤務ですが、夜勤明けの休みで茨城から5~6時間掛けて北アルプスなんて、一人だったら眠くて絶対無理です。
車を出してくれた後輩に感謝ですね。

ところが…

運転人任せ
今日は温泉のみ
登る山も燕岳、一山のみ


そんな気持ちが油断を産んだのか、登山靴を忘れるという大失態!

震えました…
もう茨城県境だったので引き返せません。
むぅ…今履いているのはローカットのスニーカーです。
昨年行った経験からは行けそうな感じもしましたが、こういうのケチると今までヒドイ目にしかあってこなかったので買う事にしました。

最初、穂高にある山岳用品店に電話を掛けて
私: 「登山靴忘れちゃって…安い登山靴ってありますか…?」
って、聞いたのですが、この聞き方まずかったですかね。
少しムっとした感じだったのが電話越しに感じられました。
お店: 「普通ですよ、2~3万円くらいです」
というご返答(汗)
この普通ですよ?の返答に山屋のプライドというか、あなた山なめてんのか??的な雰囲気を察したので、そうですか、すみません、ありがとうございました…と言い、電話を切りました。
お店の方、午前中から変な電話してしまい申し訳ありませんでした。

むぅ…困りましたね。ナメている訳ではありませんが、さすがにお金ありません。
そうだ!アルペンがあるじゃないか!
安曇野市内にもありました。
そこでハイテックの登山靴が激安税込み3999円で売られていたので迷わず購入。
とりあえずホッとしました。
気をつけないといけませんね。

妙義山?
IMG_2304.jpg
ギザっているね。

こっちは浅間山だよね??
IMG_2308.jpg

安曇野に入ってからの山々。これって北アルプスなの?(汗)
よくわかんないや。
IMG_2310.jpg
いつも行きも夜、帰りも夜なので新鮮…
日が高いうちに山を見ながら山へ行くのって滅多にないや。

さぁ!
いよいよ登山口にある中房温泉に向かいます。
すれ違いに気を使う狭い山道を上がっていきます。
道中、何台かヒヤっとしたすれ違いをしながら…
DSC02979.jpg
燕岳登山口を横目に見ながら、おっちゃんの案内に従って…中房温泉到着!
車ではココまで来られるのは宿泊者のみの特権。
DSC02980.jpg
DSC03002.jpg
う~~ん、想像以上にしぶい佇まいだね。
DSC02999.jpg
とりあえずパチリと。
DSC02984.jpg
宿泊手続きを済ませ、さっそく風呂に行きます。
沢山あります~~
でも意外と歩きますよ。
mpc-hc64 2014-09-11 21-45-22-54
DSC02985.jpg
mpc-hc64 2014-09-11 21-45-45-30
階段登ると…
mpc-hc64 2014-09-11 21-46-45-08
登山道標識って(笑)
すげえな。まだあるよ。
mpc-hc64 2014-09-11 21-47-12-14
やっと到着!
mpc-hc64 2014-09-11 21-47-29-24
いいね、いいね!
mpc-hc64 2014-09-11 21-47-52-02
「白滝の湯」
DSC02986.jpg
くっふ~~~!
ちょっと熱いけど気持ちいい~
DSC02987.jpg
すっぽんぽんで散策。
公に素っ裸でウロウロ出来る開放感は素晴らしい。
DSC02988.jpg
写ってます(笑)
あ~楽しい。

次の露天風呂に向かいますよ!
DSC02989.jpg
DSC02990.jpg
DSC02992.jpg

足湯です。
DSC02991.jpg
奥には蒸し風呂もありましたが、両方共スルー。
mpc-hc64 2014-09-11 21-48-05-78
やっぱ裸で露天風呂!ということで
「月見の湯」
DSC02993.jpg
DSC02994.jpg
こっちは温くて入りやすい。
ちなみにこちらへは夜にも来ましたが、雨でした(汗)
晴れていたら星空が綺麗だったでしょうね…
さぁ、移動です!
DSC02995.jpg
いい眺め、いい雰囲気だ~~~

DSC02997.jpg
入らなかったけれど、一人用の
「根っこ風呂」

すぐ側には温泉プールもある!
DSC02996.jpg
使う人いるのかな(汗)

DSC02998.jpg
さぁ、ラスト一個の宿泊者専用露天風呂「菩薩の湯」に向かいます。
場所は燕岳登山口まで降りていきます。
浴衣で登山口方面へ行くので登山者に思いっきり見られます(笑)
mpc-hc64 2014-09-11 21-49-05-51
入っているところはもちろん見られないのでご安心を。
DSC03000.jpg
DSC03001.jpg
でも、見えないとはいえ、登山者がすぐ側にいる中で素っ裸ってドキドキ(^^)

この日はまあまあの宿泊者がいましたが、行く先々誰もいなくて結局貸し切りでした!
ちなみに館内のお風呂も雰囲気良かったですよ。

部屋は一番やっすい部屋にしました。
合宿所みたいでしたが十分です。
DSC03003.jpg
ご飯はこんな感じでした。
量は普通の方には十分すぎる量でしょう。
山菜が多いので小さい子供は萌えないかな?
コメ好きにも米に合うおかずは少なかったけど、大盛りで3杯食いました。
オプション料理で「きのこの天ぷら」を頼みましたが、どれもこれも変わった食感のきのこで、美味しかったというよりは楽しかった、って印象でした。

程よく酔っ払ってまた露天風呂に向かいましたが…
まあまあの雨が!
はたして明日の登山は大丈夫だろうか…



つづく
スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。