果汁具味日記


オタク系趣味からアウトドアまで、広く薄ーくやってます。最近は登山!

〆はケーキフェア。穂高連峰→大キレット→槍ヶ岳→表銀座縦走 3日目

DSC03389.jpg
穂高連峰→大キレット→槍ヶ岳→表銀座縦走して最後に燕山荘でケーキ食い放題で〆るプラン。

2日目はコチラ

10/1 3日目:
殺生ヒュッテ→東鎌尾根(喜作新道)→西岳→大天井岳→表銀座縦走コース→燕岳→燕山荘

距離的には一番ロングになる3日目。
しかし!
もはやそれ程の危険地帯もない、言わばボーナスステージである。
疲れなんて吹き飛んでしまう素晴らしい表銀座縦走路を行きますよ!
ただ、富士山側に入った道はつまんないけどね(汗)
そこだけは歯食いしばって耐えろ!(笑)

4:20 殺生ヒュッテ
DSC03362.jpg
異様に元気な大阪のじいさん
北鎌尾根初チャレンジで見事達成した71歳の愛知のおじさん(でも相当エロい)
自分とほぼ同い年の静岡在住世界を旅してるおじさん
どこから来たか聞くの忘れたけどオバチャン
そして殺生ヒュッテの御主人

昨夜は楽しかった。
みんなどうかお元気で。

ナイトハイクも慣れましたね。
不安はあるけど怖さはもうそんなに感じなくなってしまった。
光る鹿の目は怖いけど、まぁこの辺はいないよね。
熊はいるでしょうが(汗)
DSC03364.jpg
登山道は明瞭です。
ゆっくり行けば問題ないでしょう。

5:27 東鎌尾根名物の長ハシゴ
DSC03368.jpg
mpc-hc64 2014-10-07 08-21-20-02
mpc-hc64 2014-10-07 08-20-40-91
八ヶ岳の源治梯子やっていなかったら…
槍ヶ岳のハシゴやっていなかったら…
涸沢岳のクサリやっていなかったら…
大キレットやっていなかったら…

怖かったのでしょうが、今はもう平気です。

5:51 水俣乗越
DSC03376.jpg
DSC03378.jpg
今日も良いお天気になりそうです。

ここからは御来光は見えなかったのですが、朝日が当たりだしていよいよ絶景になっていきます。
DSC03380.jpg
DSC03381.jpg
すげ~~~
DSC03382.jpg
もうゲップするほど槍ヶ岳撮ったけど、それでも撮っちゃうな。
やっぱ男前!
DSC03383.jpg
DSC03384.jpg
てっぺんにいる人達も最高でしょうね、きっと。

目指す西岳も紅葉が綺麗です。
DSC03385.jpg
ここで初めて人とすれ違います。
表銀座縦走ツアーとみられる団体さんでした。

「おはようございます」
「いいお天気で~良すぎますね!」

これ以降たくさんの登山者とすれ違いますが、みんなみんな笑顔でした。

7:01 ヒュッテ西岳
DSC03386.jpg
DSC03387.jpg
常念岳が大きく見えます。
オランジーナを買った。今日は固形物は食べない。
なぜならケーキバイキングが控えているから!

7:23 西岳山頂
ヒュッテ西岳から10分程度で西岳山頂へ行けます。
IMG_2348.jpg
2014.10.1西岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA


ぽっかぽか~
自分しか居ません。

DSC03390.jpg
DSC03391.jpg
mpc-hc64 2014-10-07 09-08-30-31
これこれ、この平和な感じの道。
いいですよね~~
ほんとうに気持ちいい!
でもこの後岩場になるけどね

8:38 ビックリ平
何がビックリなのかは不明ですが、もう散々ビックリしてきたので(笑)
DSC03392.jpg

9:09 大天井ヒュッテ
mpc-hc64 2014-10-07 09-09-54-23
mpc-hc64 2014-10-07 09-10-25-93
ふ~~、さすがに疲れてきたぜ。
DSC03393.jpg
ん??
DSC03393a.jpg
ああああああアイスとな!?
食いたい!!!
すげえな北アルプス。
まぁ、燕山荘のケーキバイキングもそうなんだけどね。

くっ…
全てはケーキのために我慢!!


冷たい牛乳(200円)を飲みました。
こちらも超おいしい~
無呼吸で飲んでグラスを即返しました(笑)
大天井ヒュッテの御主人が言うにはこの紅葉は今日か明日には終わる、だそうです。
そんなに急に変わるもんなの??と思っていたけど、帰宅してから燕山荘ブログ読んだら本当に一気に豹変していて驚いた!
去年の降雪を言い当てた北岳山荘の従業員の方もそうだけどやっぱ山男は凄いね!と再認識。


さあ!!
後は燕岳もあるけど、あれはもう遊歩道なので、登山としては最後の登りといっても良い大天井岳への登りです!
さすがにしんどくなってきたけど頑張りました~~
大天井岳を巻く人も居るらしいが…超勿体無いです!と声を大にして言いたいですね。
表銀座縦走の距離考えれば微々たるものです。
mpc-hc64 2014-10-07 09-24-44-74
mpc-hc64 2014-10-07 09-24-26-81
ひい、ひい~
見えた!

1年ぶり!
9:56 大天荘
DSC03395.jpg
私が去年縦走というものを初めてした際に、初めて利用した山荘であります。
色々思い返して涙が出そう。
去年も会った長身の御主人?が見えます。
お世話になりました…
あの時の男がまた来たんですよ…って言いたかった(笑)

さあ!大天荘といえばインディアンランチ・セットだが、やはりこれもケーキの為に我慢!
辛いぜ。
北アルプスに散歩感覚で来られるようだったらこんな悩まなくていいのにな。

大天井岳山頂へ行きます。
すると女性が携帯をしていました。
私:「携帯は入ります?」
女性:「はい、場所によっては入りますよ~」

実は昨日、嫁に
「一番の危険地帯大キレット通過、今からヤリ行くね」
以降、電波状態が悪く連絡が取れなかったのである。
機内モードを解除して………ピロンピロンピロン♪
あああやっぱり心配してた(汗)
すぐに
「無事です!」
とLINEで送りました。

10:18 大天井岳(おてんしょうだけ)山頂
DSC03397.jpg
2014.10.1大天井岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA


今年も良い天気でよかった。
相変わらずいい眺め。
昨日、燕山荘泊まって今夜もまた燕山荘に泊まるという女性の方がずっと景色見ていたいと言っておりました。
分かる…分かります。

さてと…
もう完璧に余裕で燕山荘着きますね。
槍ヶ岳からここまでって相当大変なのかな?なんて思っていたけど、そうでもなかったかも。
やはり大キレットの緊張感に比べればね。疲労度も全然違います。

mpc-hc64 2014-10-07 09-55-35-06
mpc-hc64 2014-10-07 09-55-59-64
さあ!最終目的地…燕山荘へ向かいます。
mpc-hc64 2014-10-07 10-03-16-04
振り返って、さらば大天井岳!

幸せな稜線歩きをし…
DSC03402.jpg
DSC03403.jpg
DSC03404.jpg

12:36 蛙岩(げえろいわ)
DSC03405.jpg
蛙というよりかはプラネット・オブ・エイプスな岩。
mpc-hc64 2014-10-07 09-56-37-69
mpc-hc64 2014-10-07 09-57-05-99
ああああああ
やばい!!
旅が終わってしまう!!

DSC03406.jpg
紅葉に染まる燕岳が見えてしまった。
いや、ずっと見えていたが、もう大きく大きくなってきたのであります。
すごく綺麗ですね。


そしていよいよ…
mpc-hc64 2014-10-07 09-57-54-98
mpc-hc64 2014-10-07 09-57-42-76

13:11 燕山荘(えんざんそう)
mpc-hc64 2014-10-07 10-17-20-56
DSC03409.jpg
DSC03408.jpg
先月来たばかりでまた来る事になるとはなんて贅沢な。
茶色掛かった燕岳も美しいですね。

さあ!

さあさあ!


いよいよ燕山荘でケーキ食べ放題!
待望のケーキフェア!


まずは宿泊手続きをします!
受付が終わって案内されますが…びっくり!
中はこんなに広いんだ!ってくらい広いんです。
そして
女!
失礼…
女の人がうじゃうじゃいます。
女性に人気の山荘とは聞いていたけど平日にも関わらずここまでとは…

普段なら目の保養になって嬉しいのですが

おじさん単独行
三日間風呂入っていない
髭ボーボー
髪ペットぺト
顔テッカテカ
足クッサクサ


さすがに気まずい。
居心地悪い!
気を使います。

そして私の最も苦手とする
若い男女のリア充グループもいっぱい居ます(汗)
なんだよ~~
きゃははっ
んもぉ~~
男気ジャンケンするぅ~?(←これ大っ嫌いw)

とか、聞こえてくる!
ああ嫌だ!
ああ楽しそう!
ああ羨ましい!
俺の若い頃には無かった!
憎たらしい!




ふ~、冷静になったぜ。

今夜の寝所は二段ベットの二段目でした。
どうやらここに一人で寝られるようです。
嬉しい。
DSC03413.jpg

ん??
DSC03410.jpg
ささささ最低!!!

メジャーすぎる山荘だとこういうバカも一杯来るんですね。仕方ないか。
ガード下飲み屋の様だった殺生ヒュッテが懐かしいぜ。


では気を取り直してケーキに行きましょう!

選べるケーキは9種類
DSC03411.jpg
部屋案内してくれた女性スタッフの方に事前情報として
「ミルフィーユは重いので気を付けて下さいね」
と伺っていました。ありがたい!

1ドリンク付きで1600円。
私なら間違いなく元は取れる!問題はいくつ食べられるか…

しかしシステムに問題が!

お替わりは1コずつ食べてからプレートを持って受け取る。
まじか。最初からある程度の数持って来られないのか。

しかも受け取りカウンター前に女性グループと、またしてもリア充男女若者グループが(汗)

お替わりをするたびに彼、彼女らの前を通過しなければいけません。
41歳のキッタネーおっさん、がです(汗)

ぐむむ…

知るか!
もう二度と会わねえし!


と、開き直ってチャレンジしましたよ。
女性店員3人娘の優しい声援だけが拠り所でした(笑)

よっしゃ、スタートッ!
DSC03412.jpg

うおおおおおおおおおっ!!!

今年の記録は7個だったとか。
歴代記録は10個。

私は…

12個完食!
※後日追記修正
13個完食!
店員さんに聞きながらの数字だったけど、改めて動画確認したら13個でした(笑)

勝利の鍵は紅茶シフォンケーキ!
一番軽くて食べやすかった。
フルーツタルトは小さいが下の硬いパイ生地が後半なかなかのパンチに。
映像には見きれて映っていないけど、ケーキ食べながら生ビール2杯飲んでいます。

ヒソヒソ声も気になったが

「俺は今日の朝、槍ヶ岳からここまで歩いてきたんだぜ?」
「その前は大キレット歩いてきたんだぜ?」
「出来る?アナタタチに!!!」
「なめんなよ!!」

という思いで挑みました。
まぁ、この総距離50km縦走以上のカロリー摂取でしょうけどね。
だから私は痩せない。

満足満足…
しかしオエップスさすがに…気持ち悪いぜ。

燕岳登ってあわよくば北燕岳にも行こうと思っていたけど無理っぽい(汗)
体力はまだまだ残っていたのに。
今動くとリバース決定。

1時間位ゆっくり横になって

いざ燕岳へ!!

はっ!!
おえ~~~~っ!
DSC03414.jpg
わ、私は燕岳の事を人に紹介する際
「ケーキみたいな綺麗なお山」
と表現しているのですが、それが今こんな風になるとは。
女王に対して失礼だが(汗)
DSC03415.jpg
うぷぅ
DSC03416.jpg
ヒィーッス、ヒィーッス

16:24 燕岳山頂
2014.10.1燕岳山頂 - Spherical Image - RICOH THETA


DSC03417.jpg
とっとと下ります(汗)
でも綺麗でしたよ。
DSC03426.jpg
帰りは帰りで燕山荘がチョコケーキに見えた…
DSC03429.jpg
DSC03430.jpg

やばい
もう晩御飯の時間だ。
DSC03433.jpg
チーズinハンバーグ
なんて美味しそうな…
しかし私は半分も食べられなかった。
ああ勿体無い。

許されるならばドギーバッグして明日食べたかったぜ。

こうして怒涛の3日目は終了しました。
幸せな稜線歩き、懐かしい再会と再訪、そして大量のケーキ…
晩飯を残してしまったのは計算外でしたが、それ以外は今日も完璧でした。
明日はもう下山して終わりです。
もう終わってしまうのです。

名残惜しい気持ちでいっぱい。

欲を言えば穂高岳山荘や殺生ヒュッテの時の様な、見知らぬ人たちとの酒盛りが出来なかったのが残念。
今までも、去年の大天荘、北岳山荘でも酒盛りはやっていました。

燕山荘は良くも悪くも下界のホテルですね。
家族や仲間で来るには最高でしょうが、ソロのオッサンには寂しい感じがしたのも事実です。

最終4日目へ続く…

スポンサーサイト

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

■ プロフィール

kajugumi

Author:kajugumi
FC2ブログへようこそ!

■ 最新記事

■ FC2カウンター

■ 最新トラックバック

■ 検索フォーム

■ QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。